江戸時代にタイムスリップできる“劇場型”寿司レストラン

江戸時代にタイムスリップできる“劇場型”寿司レストラン

「こぼレインボー寿司」(税抜2980円)

江戸時代にタイムスリップして寿司を楽しめる。“劇場型”寿司レストラン「板前寿司 江戸」が、10月27日(木)に赤坂見附にオープンする。

「板前寿司 江戸」は、株式会社板前寿司ジャパンが世界各国で展開する「板前寿司」の新業態。寿司発祥の“江戸時代”を再現した店内となっている。

歌舞伎の“桟敷席(さじきせき)”をイメージして、屏風や浮世絵、西陣織天井など、日本の伝統を感じられる内装で、一歩足を踏み入れると江戸時代にタイムスリップしたかのような空間が広がる。

また、江戸時代に寿司が「ネタ箱」と呼ばれる木箱に並べられていたことにインスピレーションを受け、日本全国から厳選された食材を入れたネタ箱が並ぶ「江戸屋台」を用意。整然と並ぶネタ箱は日本中の旬の食材が集まる“小築地”のようで、その場で好みの食材を選び、寿司・刺身・焼き・蒸し・煮付けなど、多彩な調理方法から注文することができる。

「板前寿司 江戸」は、江戸を代表する「粋」という言葉を“活き”であり“勢き”でもあると捉え、食材の鮮度や板前によるライブパフォーマンスを重視。世界一を誇る日本の鮮度保持技術と、伝統を受け継ぐ職人技が作り出す寿司と食材の共演を、五感で楽しむこともできる。

江戸当時の寿司屋を再現した「寿司屋台」では、着物や法被を着用して写真撮影が可能。「寿司職人1日体験コース」も用意されるなど、思わず撮影してSNSで発信したくなるフォトジェニックな体験の数々が待っている。

現代によみがえった“江戸文化”を、是非味わってみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)