父の日に作ろう!ボリューム満点のチーズハンバーグレシピ5選

父の日に作ろう!ボリューム満点のチーズハンバーグレシピ5選

チーズデミバーグ

■ 家族でチャレンジできそうな手軽でおいしいハンバーグレシピ

6月の第3日曜日は父の日です。毎日頑張っているお父さんに、料理で感謝の気持ちを伝えてみてはいかが? 今回はチーズをつかった満足感のあるハンバーグメニューを集めました。お手軽で時短なレシピばかりなので、子どももいっしょにチャレンジしやすいですよ。

■ 特別な日の黄金コンビはコレ「チーズデミバーグ」

<材料4人分>

基本のハンバーグだね(作りやすい分量・4人分)(合いびき肉…500g、卵…1個、牛乳…120ml、玉ねぎのみじん切り…1個分、パン粉…40g、塩…小さじ1、粗びき黒こしょう…少々、ナツメグ…小さじ1/3)、スライスチーズ(溶けるタイプ)…4枚、赤ワイン…1/2カップ、ドミグラスソース缶…1缶(約290g)、サラダ油、塩、こしょう

<作り方>

1.パン粉は牛乳にひたす。フライパンに油少々を熱し、玉ねぎを入れて炒める。透き通ったらバットに広げて粗熱をとる。ボウルにパン粉、炒めた玉ねぎ、そのほかの材料すべてを入れて手でよく混ぜる。粘りが出たら4等分して両手でキャッチボールをするようにして空気を抜き、まん中をくぼませる。スライスチーズを四つ折りにして包み、形を整える。大きめのフライパンに油少々を熱して、ハンバーグを並べ入れる。4〜5分焼いて焼き色がついたら上下を返してふたをし弱めの中火で約8分蒸し焼きにする。ふたを取ってさらに上下を返し、再びふたをして、4〜5分蒸し焼きにする。1度に焼けない場合は、2回に分けて焼いて取り出す。

2.1のフライパンにワインを注いで煮立たせ、半量になるまで煮詰まったらドミグラスソースを加える。煮立ったら塩、こしょうで味をととのえる。

3.皿にハンバーグを盛り、2をかける。好みでゆでたさやいんげんを添えても。1度に焼けない場合は、2回に分けても。1回目のフライパンに残った肉汁をとっておき、2回目を焼き終わったら戻し入れて。※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

煮詰めた赤ワインと缶詰ソースで、本格的なデミソースに仕上げます。スライスチーズは折りたたむと包みやすいですよ。

■ 小さめのフライパンで作れる「ビッグチーズハンバーグ」

蒸し焼きでうま味をとじ込めて、仕上げにたっぷりチーズを!肉だねは練りから成形までポリ袋ひとつで手間いらず。

■ ソースいらずでおいしい「ふんわりチーズハンバーグ」

今すぐ試してみたくなる! ケチャップとウスターソースの隠し味でふっくらジューシーな焼き上がりになります。

■ おうちでも気分はレストラン「チーズイングリルハンバーグ」

オーブントースターでハンバーグから野菜の付けあわせまで完成。少ない油でヘルシーに焼けるのもうれしいところ。

■ みんな大好きトマトソース「チーズ入り煮込みハンバーグ」

2種類のチーズでコクとうま味がアップ!ひき肉にチーズを埋め込むように包めばまとまりやすくなります。

お父さんも家族も大好きなハンバーグ。チーズを使うと満足感もあって、おもてなし料理にもぴったりですよ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)