旬のおいしさ、いただきます! オクラを使ったおかずレシピ5選

旬のおいしさ、いただきます! オクラを使ったおかずレシピ5選

オクラの洋風肉巻き

■ 栄養バランスもバッチリ、しかも簡単、オクラのおかず料理

βカロテンが豊富な緑黄色野菜オクラは、今が旬。ぬめりには整腸作用があります。ご飯にもよく合う味付けのオクラをたくさん食べて、暑さに負けない体を作りましょう。

■ みそと粒マスタードの風味豊かな「オクラの洋風肉巻き」

<材料2人分>

豚ロース薄切り肉…10枚(約200g)、オクラ…10本、サラダ菜…適量

合わせ調味料(みそ…大さじ1と1/2・粒マスタード、酒、砂糖…各大さじ1)

塩、小麦粉、サラダ油

<作り方>

1.オクラはまな板に並べ、塩少々をふって転がし、板ずりをする。水で洗って、がくをぐるりとむく。

2.豚肉は広げて塩少々をふる。オクラ1本に豚肉1枚を少しずつ重なるように斜めに巻きつけ、手で全体を握ってなじませる。同様にあと9本作り、小麦粉大さじ1をまぶす。

3.フライパンに油小さじ1を熱する。2を巻き終わりを下にして並べ入れ、焼き固まったら菜箸で転がしながら約4分焼く。全体にこんがりと焼き色がついたら合わせ調味料を加えて弱火にし、よくからめる。器にサラダ菜を広げて肉巻きをのせる。

疲労回復効果の高い豚肉とオクラを合わせた、夏に食べたいおかず。切り口の美しさを生かして盛り付けましょう。

■ いつもと違う味わいで、食べてびっくり「オクラ餃子」

青じそがほのかに香る和風餃子。パリパリの皮と、柔らかいオクラの食感の違いを楽しめる餃子に仕上がります。

■ ねばねば触感が胃にやさしい「とりとオクラのスタミナあえ」

長いもとオクラのぬめり成分が体にいい。さらにキムチをトッピングしてスタミナアップ。元気がつく一品です。

■ オクラも衣替え!子供たちに大人気「オクラのつくね焼き」

肉だねで包むときに、手に水か油をつけると張りつかず簡単にできます。オクラの上下を残すことで、見た目もユニーク。

■ 濃厚な味つけがやみつきに「かじきとオクラのごまみそ炒め」

ごまみそのこってりした風味が、淡泊なかじきによく合います。焼いて炒めるだけのスピーディーさも、うれしいレシピです。

オクラの断面は星のようなかわいく、濃い緑色もきれいですよね。炒めてよし、和えてよし、汁の具や肉の付け合わせにも重宝するオクラ。今回紹介したレシピを参考に、オクラ料理に新しいレパートリーを加えてみてはいかがでしょうか。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)