スパイス香る! 絶品タンドリーチキンレシピ5選

スパイス香る! 絶品タンドリーチキンレシピ5選

ペッパータンドリーチキン

■ ヨーグルト効果でお肉柔らか、辛さの調整も自由自在

香辛料たっぷりのタンドリーチキンが、家庭で作れたら嬉しいですよね。今回はそんなタンドリーチキンのレシピをご紹介。ヨーグルトに漬け込むことでとり肉もしっとり、味も染み込む相乗効果に期待できますよ。

■ むね肉がしっとりやわらか「ペッパータンドリーチキン」

<材料2人分>

とりむね肉…小2枚、漬けだれ(プレーンヨーグルト…大さじ3、おろしにんにく…1片分 、トマトケチャップ…大さじ1、カレー粉、マヨネーズ…各大さじ1/2、粗びき黒こしょう…小さじ2/3、塩…小さじ1/3)、とうもろこし…1本 、サラダ菜…適量 、オリーブ油

<作り方>

1.とり肉は3等分のそぎ切りにする。ポリ袋に漬けだれの材料を入れてもむように混ぜ、とり肉を加えてもみ込む。口を閉じて室温に約15分おいてなじませる。とうもろこしは2.5cm厚さの半月切りにする。 ヨーグルトやマヨネーズの入った漬けだれをむね肉にもみ込むことで、しっとりやわらかに。 ヨーグルトやマヨネーズの入った漬けだれをむね肉にもみ込むことで、しっとりやわらかに。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1/2を弱めの中火で熱し、とり肉のたれを軽くきって皮目を下にして並べ入れる。たれはとりおく。あいているところに、とうもろこしを実を下にして入れる。約2分焼いて全体にこんがりと焼き色がついたら、上下を返してふたをし、弱火で約5分蒸し焼きにする。

3.とうもろこしを取り出し、2のとりおいたたれを加え、強火にして煮立たせながらとり肉にさっとからめる。器にとうもろこしとともに盛り、サラダ菜を添える。

マヨネーズやヨーグルトの入ったポリ袋にとり肉を入れ揉み込むだけで簡単に下味がつきます。マイルドな味わいが絶品。

■ カレー粉香るカリッと衣の「タンドリーフライドチキン」

手羽先はフォークなどで穴を開け下味をしっかりつけることがポイント。にんにくの香りで食欲もアップ。

■ 濃いめの味付けでむね肉が大変身「フライパンタンドリーチキン」

焼いてから蒸し上げることでしっとりとした食感に。最後にソースを加えて全体にからめることで味がしっかりつきます。

■ 肉のうまみを堪能できる「タンドリーチキン風」

ヨーグルトの乳酸菌がむね肉の繊維をほぐしやわらかくします。肉を1枚使いするので、ボリューム感抜群の仕上がりに。

■ レンジで簡単にエスニック風「タンドリーチキン」

漬け込み時間不要で忙しいときにピッタリ。耐熱皿の中央をあけて肉の厚みの部分が外側になるように並べるのがコツです。

ヨーグルトは肉をやわらかく、カレー粉はすでに数種類の香辛料が入っているので、食欲そそる香りと色付けができます。どれもしっかりとした味付けで、ご飯も進みます。お弁当やちょっとしたおもてなし料理にも活躍するのでぜひ作ってみてくださいね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)