料理をしたくないときは、いったんブレイク。遊び心のあるメニューで息抜きを

料理をしたくないときは、いったんブレイク。遊び心のあるメニューで息抜きを

一口食べればまさにコロッケ!

毎日毎日料理をしていると、料理に飽きてきませんか? メニューは違えど、煮たり焼いたり炒めたりという作業は一緒。O子は月に2〜3回、「あーーーーー?」ってなります。人間だもの。料理をすることがルーティーンワークになってしまい、モチベーションが下がるときもあるのです。そんなとき、O子は愉快な気持ちになれるメニューを作ります。たとえば「巣ごもり風ノンフライコロッケ」。まず巨大コロッケを作っていること自体がおもしろい。出来上がりのビジュアルも、なんだかかわいい。食卓に出せば、みんなの驚く顔が見れて、あ〜楽しい! 食べ終わる頃には心に余裕が戻ってきて、「明日は何作ろうかな〜♪」と思えるようになるのです。空腹を満たす“質実剛健”なメニューはもちろん大事。でもときには、こんな遊び心があるメニューで気分転換を。明日からまた、料理をすることが楽しくなるはずです。

■ 【巣ごもり風ノンフライコロッケ】(345kcal、塩分2.2g)

<材料>(2人分)

豚ひき肉150g、じゃがいも小2個(約200g)、玉ねぎの縦薄切り1/4個分、キャベツのせん切り1〜2枚分、サラダ油、パン粉、塩、こしょう、中濃ソース

<作り方>

(1)じゃがいもは1cm強厚さのいちょう切りにし、さっと水で洗う。水けをきらずに小さめの耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約2分加熱する。ラップをかけたまま約1分おき、じゃがいもの上下を返して再びラップをかけ、さらに約2分加熱する。熱いうちにフォークで潰す。

(2)フライパンに油小さじ2を熱し、パン粉15gを入れて菜箸で混ぜながらいる。こんがりと色づいたら取り出す。

(3)油小さじ1を足し、玉ねぎ、塩小さじ1/2弱を加えて炒める。しんなりしたらひき肉を加え、ひき肉がポロポロになるまで炒め、こしょう少々をふる。

(4)1を3に加えてよく混ぜ、皿に取り出す。ラップをかぶせて小判形にし、ラップをはずしてスプーンで2を広げる。周囲にキャベツをのせ、コロッケにソース適量をかける。

文=O子

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)