新玉ねぎの甘みがお肉と好相性!新玉ねぎ×お肉のお料理

新玉ねぎの甘みがお肉と好相性!新玉ねぎ×お肉のお料理

「牛肉と新玉ねぎのバターじょうゆ炒め」 レタスクラブニュースより

1年中出回っている玉ねぎは日持ちをよくするため出荷前に乾燥させていますが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷。皮が薄くみずみずしいのが特徴です。加熱して甘みが増した新玉ねぎは、うまみたっぷりのお肉と組み合わせると好相性。やわらかくておいしい新玉ねぎを味わえる肉料理を作りましょう。

■ 【牛肉と新玉ねぎのバターじょうゆ炒め】(256Kcal、塩分1.9g、調理時間10分)

<材料・2人分>牛もも焼き肉用肉 150g、新玉ねぎ 1個、ミニトマト 5個、白ワイン 大さじ1、塩、こしょう、バター、しょうゆ

<作り方>

1. 玉ねぎは縦半分に切ってから横1cm幅に切る。ミニトマトは縦半分に切る。牛肉は塩、こしょう各少々をふる。

2. フライパンにバター大さじ1を中火で溶かし、玉ねぎを入れてさっと炒める。玉ねぎを端に寄せ、あいたところに牛肉を広げ入れて焼く。焼き色がついたら上下を返し、ワインを回し入れてふたをし、約2分蒸し焼きにする。牛肉は焼き過ぎるとかたくなるため、あとから加えて炒め合わせることで程よい焼き加減にする。

3. ミニトマトを加え、しょうゆ大さじ1を回しかけてざっと炒め合わせる。

新玉ねぎの甘みとバターのコクがマッチ。最後に加えたミニトマトがほのかな酸味を加え、複雑なおいしさを作り出します。肉に塩をふってから時間が経つと身がしまって固くなってしまうので、食べる直前にふるようにしましょう。

■ 【豚肉と新玉ねぎのポットロースト】

かたまり肉から出たうまみを吸った新玉ねぎが絶品。たっぷりと新玉ねぎを食べたい時におすすめのメニューです。

■ 【新玉ねぎととり手羽元のバター蒸し煮】

バターと塩こしょうで味つけした素朴な味を楽しめます。煮込んだスープもとり手羽元のだしがたっぷり。

■ 【牛肉と新玉ねぎのオイスター炒め】

オイスターソースを入れたしっかり味。旬のグリーンアスパラガスのシャキシャキ感がたまりません。

■ 【豚肉と新玉ねぎの重ね蒸し】

肉と野菜を重ねて蒸すだけの簡単料理。お皿に添える練りがらしがちょうどいいアクセントになります。

新玉ねぎは長持ちしないため、買ってきたら3日以内に使い切るのがベター。また、水分が苦手なので密封するのは厳禁。日が当たらず風通しの良い場所で保管しましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)