バリエーションがこんなにあるの!? マツコも「うん、美味い」と納得の“パン弁当”

バリエーションがこんなにあるの!? マツコも「うん、美味い」と納得の“パン弁当”

おかずいらずのボリュームパンです

学校に通うお子さんや、自分が職場に持っていくために毎日作るお弁当。おにぎりに卵焼き、ウインナーなど、どうしても似通ったメニューになってしまいがちですよね。「たまにはちょっと目新しいお弁当が食べたい」という人は、パンを使ったお弁当にチャレンジしてみるといいかもれません。パンのお弁当はアレンジが効いて色々な味が楽しめますよ。

■マツコも思わず「うん、美味い」と納得の“パン弁当”

パンのお弁当というと、卵やハムのサンドイッチといった定番メニューが思い浮かぶと思いますが、実はパンは色々なものと相性が良く、工夫次第でバリエーションが様々に広がります。5月23日に放送された『マツコの知らない世界』では、これまでも美味しいお弁当の作り方や、機能性の高い弁当箱を紹介して大反響を得てきた野上優佳子が登場、「パン弁当の世界」を紹介しました。

特に反響が大きかったのが「ハムとチーズのフレンチトースト」。卵液に玄米パンを浸し、焼いたアスパラやブロッコリー、チーズ、ハムを挟んでフライパンで焼き上げるというシンプルなものですが、焼き目がしっかりついていて見るからに美味しそう。マツコも「うん、美味い」と大きな口で頬張ります。これには「チーズ挟んだフレンチトースト食べたーい!」「アスパラやブロッコリーを挟んでるのがいいね」と反響が続々。

さらにコッペパンにアジフライとタルタルソース、千切り野菜を挟んだ「タルタルフィッシュサンド」は、残り物のフライを挟んだだけにもかかわらず、マツコは「カフェで出てくるやつみたい」「お弁当向き!」とビックリ。ポイントのタルタルソースは、刻んだゆで卵とピクルスに大さじ2杯のマヨネーズを和えるだけのシンプルなもので十分とのこと。

他にも切り込みを入れた食パンの中に、ピーナッツバターなどで味付けした鶏ささみや“なます”、パクチーなどを挟む「エスニック風ポケットサンド」が紹介されたのですが、マツコには予想外の味だったよう。「ものすごいエスニック」「面白い!」と新鮮な味わいに舌つづみを打ちました。

■鶏の西京漬に鰯フライとポテトサラダ… Twitter上でも大反響

野上は自身のTwitterでもパン弁当を紹介しています。4月25日には、鶏の西京漬を焼いてチーズと一緒にパンに挟んだサンドイッチの写真を公開。Twitterユーザーからは「これは美味しそう」「チーズと西京漬なんて、また食欲をそそる組み合わせ」といった声が上がり、胃袋を刺激された人も少なくなかったようです。他にも「ほうれん草オムレツのサンドイッチ」や「鰯フライと千切り野菜とポテトサラダのサンドイッチ」など趣向の変わったメニューがずらり。

挟むものによっていくらでも表情を変える“パン弁当”は、お弁当生活に新しい風を吹き込んでくれそうです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)