定番の塩焼き以外にもチャレンジ! 風味豊かな「焼きさば」5選

定番の塩焼き以外にもチャレンジ! 風味豊かな「焼きさば」5選

「さばのねぎみそ焼き」 レタスクラブニュースより

青魚の代表格である「さば」。三枚におろしたものを塩焼きにして食べるのが一般的ですが、せっかくならいつもと違った味つけにチャレンジしてみましょう。今回は風味が豊かなさばの焼きもの5選をご紹介。さばには良質なたんぱく質やビタミン類が豊富であるとともに、血合い部分には鉄分が多く含まれているので、貧血気味の女性にもおすすめですよ。

■ 【さばのねぎみそ焼き】(242Kcal、塩分3.3g、調理時間15分)

<材料・2人分>さば(半身) 1枚、下味(酒 大さじ1/2、塩 少々)、小松菜 1/2わ、ポン酢じょうゆ 大さじ1、ねぎみそ(長ねぎのみじん切り 5cm分、みそ 大さじ2、砂糖 大さじ2/3、七味とうがらし 適宜)、塩

<作り方>

1. 塩を加えた熱湯で小松菜を約2分ゆでる。水にとって水を絞り、3cm長さに切る。ポン酢じょうゆをかけてあえる。

2. さばは縦半分に切り、皮目に2〜3本切り目を入れ、下味をつける。ねぎみその材料を混ぜる。

3. 魚焼きグリルに、さばを皮目を下にしてのせ、約6分焼く。焼き色がついたら上下を返し、さらに約3分焼く。焼き色がついたら皮目にねぎみそをまんべんなくぬり広げ、さらに1〜2分焼く。皿に盛り、1を添える。焼くことでみそのコクも出る。

たっぷりのねぎを使った「ねぎみそ」はそれだけでもおいしいですが、さばに塗って焼くことで香ばしさが増し、さばのうまみも増します。長ねぎには魚の生臭さを消す働きもあるので、付け合わせの野菜として活用してもいいですね。

■ 【さばのかば焼き】

しょうゆとみりんで甘く仕上げた一品です。下味に加えたおろししょうがさばの臭みを消して、さわやかな香りをプラス。

■ 【さばのピリ辛みそマヨ焼き】

マヨネーズの甘さと豆板?の辛みが相性抜群。青魚が苦手な人でもおいしく食べられますよ。

■ 【さばのマスタード焼き】

マスタードがさばのうまみを引き立てます。付け合わせにゆでたじゃがいもを盛りつけて、いっしょに楽しんでみて。

■ 【さばの辛み照り焼き】

赤とうがらしを使ったピリ辛だれがさばによくからみます。メイン料理だけでなく、おつまにもぴったり。

リーズナブルな価格で手に入るさばですが、いたみやすいのが悲しいところ…。購入後は早めに使い切るようにしましょう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)