人気店は4時間待ちのところも!?「初耳学」でも紹介された“チーズタッカルビ”が話題沸騰中

人気店は4時間待ちのところも!?「初耳学」でも紹介された“チーズタッカルビ”が話題沸騰中

甘辛味とまろやかチーズが相性抜群!

プルコギやスンドゥブなど、美味しい料理がたくさんある韓国料理。鶏肉をコチュジャンベースの甘辛ソースと絡めた“タッカルビ”も定番の人気メニューですよね。そんな中、タッカルビの進化形“チーズタッカルビ”が現在大注目を集めているようです。

■コチュジャンとチーズの相性は抜群!

5月28日に放送された「林先生が驚く初耳学!」でも“チーズタッカルビ”を調査。モデルのアンミカが、東京・新大久保で特にオススメだというお店を紹介しました。「市場タッカルビ」というそのお店は、いち早くチーズタッカルビを売り出したブームの火付け役ということで、週末は最大4時間待ちだとか。

コチュジャンソースで煮た韓国のお餅“トッポギ”や鶏肉、野菜をチーズに絡めて食べるチーズタッカルビ。スタジオにも登場し、アンミカが食べ方を伝授します。平たい鍋の中央にチェダーチーズとモッツァレラチーズ、その両脇にタッカルビが盛ってあるのですが、加熱しているうちにチーズが溶けてとろとろに。そこへタッカルビの鶏肉や野菜を絡ませ、チーズフォンデュのようにして食べます。赤いコチュジャン色の鶏肉にチーズが絡むさまは見るからに美味しそう。

ゲストで来ていた真野恵里菜も「美味しい〜」とたまらない様子を見せ、ハライチの澤部佑も「うーめぇー!」と思わず雄叫びを上げました。これには視聴者からも「チーズタッカルビめちゃくちゃ美味しそう〜」「うわーこれは食べに行きたい」「コチュジャンの甘辛とチーズなんて間違いないでしょ!」といった声が続出し、食欲を刺激された人も多かったようです。

■生クリームで濃厚に、骨付きカルビの変わり種など種類も様々

お店によって少しずつ違いがあるチーズタッカルビ。2種類のチーズにタッカルビを絡めるのが主流のようですが、中にはチーズに生クリームを加えているところも。実際に食べた人からは「チーズが生クリームでさらに濃厚に! たまらん」「最高にクリーミーでピリ辛のタッカルビにぴったり」と好評。またチーズに絡める韓国料理としては、バーベキューソースで焼いた骨付きカルビをチーズに絡める「チーズカルビ」も人気。「甘めのタレとチーズを纏った肉にかぶりついた瞬間、口の中が天国になった」とSNS上で話題になっています。

中には家でチーズタッカルビを手作りする人も多いようで、ネット上では「チーズタッカルビ作ったけどお酒が進む進む」「コチュジャン多めにしたら辛党の私好みの味になった〜」「牛肉版作ってみたけど大成功!」といった声が。アレンジを加えて独自の楽しみ方をしている人も多いみたい。

甘辛の味付けとトロトロチーズが食欲を刺激するチーズタッカルビ。それぞれのお店の味を食べ比べたり、手作りに挑戦してもきっと楽しいですよ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)