「パエリヤ」「ジャンバラヤ」・・・etc.簡単バージョン!定番の「ご飯もの」5選

「パエリヤ」「ジャンバラヤ」・・・etc.簡単バージョン!定番の「ご飯もの」5選

「簡単タコライス」 レタスクラブニュースより

チャーハンや炊き込みご飯などのご飯ものは、それだけでメインの料理が完成するので、忙しい時の時短料理として重宝しますよね。そんなご飯もののバリエーションを広げるために、今回は世界各国のごはんもの5選をご紹介。本格的なごはんものが定番食材&調味料で簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■ 【簡単タコライス】(742Kcal、塩分2.4g、調理時間15分)

<材料・2人分>合いびき肉 180g、ピザ用チーズ 適量、玉ねぎのみじん切り 1/3個分、トマト 1/2個、にんにくの粗みじん切り 1片分、レタス 1/3個、トルティーヤチップス 適量、温かいご飯 どんぶり2杯分、トマトケチャップ、オリーブ油、カレー粉、ウスターソース、しょうゆ、こしょう

<作り方>

1. トマトは1cm角に切って、ケチャップ適量であえる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、玉ねぎとにんにくを炒める。香りが立ったらひき肉を加えてほぐすようにして炒め、カレー粉大さじ2/3〜1、ケチャップ大さじ2、ソース大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、こしょう少々を加えて全体に味がなじむまで炒める。カレー粉、ケチャップ、ソース、しょうゆなど家にある調味料のみを合わせてタコライスの味に。

3. 器にご飯を盛り、レタスを食べやすい大きさにちぎってのせ、チーズを散らす。2とトマトものせ、トルティーヤチップスを砕いてのせる。好みで粗びき黒こしょうやタバスコをふってもOK。

メキシコ料理の1つである「タコス」をの具をご飯にのせて食べる「タコライス」は、沖縄が発祥とされています。サルサソースを使ってピリ辛な味を楽しむのが一般的ですが、カレー粉やケチャップなどの定番調味料を活用して好みの味に仕上げてみましょう。

■ 【簡単パエリャ】

魚介のだしがご飯にしっかりとしみ込む一品。トマトジュースの甘みが魚介のうまみを引き立てます。

■ 【簡単ジャンバラヤ】

クレオール料理の1つである「ジャンバラヤ」。カレー粉とタバスコを使ったスパイシーな味わいが食欲をそそります。

■ 【簡単カオマンガイ】

「カオマンガイ」とは蒸しどりを使ったタイの人気料理。米ととり肉を炊飯器でいっしょに炊くだけの簡単レシピです。

■ 【簡単カレーピラフ】

ピーマン・赤パプリカ・玉ねぎなどの野菜をたっぷりと使用します。定番のカレー風味なら子どもも大喜び。

ごはんものを作る時におすすめなのが炊飯器。米・食材・調味料を入れたら後は炊き上がるのを待つだけなので、積極的に利用してみましょう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)