【定番レシピ】覚えておきたい! 失敗しない「さばのみそ煮」レシピ5選

【定番レシピ】覚えておきたい! 失敗しない「さばのみそ煮」レシピ5選

「さばのみそ煮」 レタスクラブニュースより

切り身を調味料で煮込むだけで作れるさばのみそ煮は、シンプルなのにしみじみおいしい和食の定番。これから秋口にかけては「ごまさば」が市場に出回ります。旬のさばを使って、口当たりの良いとろけるみそ煮を作りましょう。

【さばのみそ煮】(211Kcal、塩分1.9g)

<材料・2人分>

さば(骨つき) 2切れ、こんにゃく 1/2枚、しょうが 1かけ、煮汁(酒 大さじ2、みそ 大さじ1と1/2、砂糖、みりん 各大さじ1、しょうゆ 小さじ1、水 1カップ)

<作り方>

1. こんにゃくは一口大にちぎり、下ゆでして湯をきる。しょうがは皮をむいてせん切りにし、皮はとりおく。さばはペーパータオルで水けを拭き、皮目に斜め十字に切り目を入れる。

2. 直径20cmのフライパンに煮汁の材料、しょうがの皮を入れ、強火にかけてみそを溶き、煮立ったらさばの皮目を上にして入れる。中火にして煮汁を皮目にかけ、オーブン用ペーパーで落としぶたをし、約10分煮る。さばもしょうがをきかせて煮れば、霜ふりいらず。

3. 落としぶたをはずし、こんにゃくを入れ、煮汁を時々かけながら3〜4分煮る。器にさば、こんにゃくを盛る。

4. 煮汁の入ったフライパンを火にかけ、とろりとするまで煮詰める。さばにかけ、しょうがのせん切りをのせる。

いつもなら捨ててしまうしょうがの皮を煮込む時に一緒に入れ、さばのくさみを取ります。煮汁にはみそをしっかりと溶かしてかき混ぜ、味が均一になるようにするのがおいしく作るコツ。

■ 【しるしるさばみそ】

梅干しの風味がきいたコクうまみそ煮。魚を取り出してから水溶き片栗粉で煮汁にとろみをつけ、さばにかけます。

■ 【さばのみそ煮】

甘みのある西京みそと香りが強い赤みそをブレンド。みそを加える前の煮汁をさばにかけて表面に膜を作り、うまみを閉じ込めます。

■ 【さばのごまみそ煮】

白すりごまがさばにからんで豊かな味わいに。さばのうまみが染みこんだ小松菜は良い箸休めになります。

■ 【さばの中華風みそ煮込み】

定番のさばのみそ煮にねぎをたっぷり使って中華風に。しっかり味で白いご飯が進みます。

さばのみそ煮は、煮汁がすべてなくなるまで煮込もうとすると焦げてしまうので、とろみがついたあたりで加熱をやめましょう。くさみが出ないように煮ている最中はアクをこまめに取ってくださいね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)