求めれないからって、強がってない?妄想の中でセックスレス妻の相談に乗ってみた:人気ブロガー前川さなえさんが【やってみた】

求めれないからって、強がってない?妄想の中でセックスレス妻の相談に乗ってみた:人気ブロガー前川さなえさんが【やってみた】

セックスレスに悩む妻、「ハルヒ」の相談に乗ってみた(妄想の中で)

セックスレスの夫婦を(今のところ)妻の視点から描いた、レタスクラブで連載中のフィクションコミックエッセイ、『私の穴がうまらない』。

す…すごいタイトル…。

連載の第一回では、妻の「ハルヒ」は「よかった、顔見なくてすんだ」と夫と顔を会わせるのもイヤ!みたいな態度に見えたけど、今月号ではなんとなく“何年も行為がない”事実に自分で気づいて傷ついたりしちゃってる。

結局、したいの?したくないの?私がハルヒのママ友だったらズバリ聞いちゃいたい。

というわけで妄想の中でママ友になったつもりで、ハルヒとお茶しながら話を聞いてみた。

ちなみに私たち夫婦はレスじゃない。

しかしながら、まわりに「もう全然してないよぉ」ってレス状態の夫婦は多い。

まああんまり女同士で具体的に話題にすることでもないのかもですが…

ハルヒの心情はなんだかとってもフクザツ。

ダンナさんが出張中に「いないと楽」思っている割に、「どうせ求められないなら目の前にいないでほしい」「その方が期待しないだけ楽」とか考えちゃう。

それはつまり、求められたいっていう気持ちの裏返しなんじゃないかな・・・。

だってハルヒは一人で布団に横になりながら「このまま1回もしないで」「それでいいの?」なんて悶々として、思わず(つい習慣で敷いてしまった)ダンナさんの布団に寝返りうって、枕に抱きついちゃったりするのだ。

私はさみしいからやっちゃうんだけど、ハルヒもさみしいんじゃないの?

ハルヒが自分で「気持ちと体がバラバラで」と言っているのはやっぱり心の方で“求めてる”部分があるからだと思う。

だからって、自分から誘って拒まれたら、って考えるとね。

きっとすごーくみじめな気持ちになるだろうし、行為に対して能動的になる勇気が出ないのもわかる。

そうか、タイトルの、うまらない「穴」は心の穴なのかもしれないな。

そしてそっちの方がぽっかり大きいのかも。

さて…この夫婦はレスから抜け出せるのか?

これからもママ友気分で見守っていきたいと思います。

がんばれ、ハルヒ!

作=前川さなえ

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)