1皿でごちそう感たっぷり! ご飯がすすむ和風ポークソテー5選

1皿でごちそう感たっぷり! ご飯がすすむ和風ポークソテー5選

「ポークソテー和風粒マスタードソース」 レタスクラブニュースより

食べごたえがあってジューシーな厚切りの豚肉で作るポークソテーは、がっつり食べたい日におすすめのメニュー。しょうゆがきいたソースをからめれば、ご飯との相性もばっちりです。今回は和風ポークソテー5品をご紹介。ボリュームがあるので、大食いのパパや成長期の子どもにも喜ばれますよ。

■ 【ポークソテー和風粒マスタードソース】(341Kcal、塩分1.6g)

<材料・2人分>

豚ロースとんカツ用肉 2枚(200〜250g)、さやいんげん 15本(約100g)、ミニトマト 1/2パック(約100g)、粒マスタードソース(しょうゆ、酒、みりん 各大さじ1、粒マスタード 大さじ1/2、砂糖 小さじ1)、オリーブ油

<下ごしらえ>

1. 豚肉はトレイにのせたまま、キッチンばさみで脂身に切り込みを入れて筋切りし、室温に約20分置く。

<作り方>

1. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を強めの中火で熱する。豚肉を並べ入れ、あいているところに、いんげんをキッチンばさみで長さ半分に切って加え(半量ずつ切るとよい)、約2分焼く。

2. 豚肉がこんがりと色づいたら上下を返し、さらに約1分焼く。いんげんは時々転がして炒め、焼き色がついたらいんげんだけ取り出し、器に盛る。

3. ミニトマト、粒マスタードソースの材料を加え、再び強めの中火にかける。豚肉にソースをからめ、とろっとしたら2の器に盛る。

肉の筋切りも野菜を切るのもキッチンばさみでOKなので、まな板や包丁を洗う手間を省けます。しょうゆと砂糖で作った甘辛味のソースに、ほんのり酸味のある粒マスタードを加えてアクセントに。

■ 【和風ポークソテー】

塩こしょうで下味をつけて焼いた豚肉に、トマトみそソースをたっぷりとかけていただきます。付け合わせの野菜も一緒に焼けば時短に。

■ 【ポークの和風ガーリックソテー】

にんにくの香りが食欲をそそる1品。豚肉は肉たたきか瓶の底などで全体をたたいてからしょうゆと酒をまぶします。

■ 【和風ポークソテー】

トマトケチャップやしょうゆ、みりんなどを混ぜた奥深い味のソースが美味。優しい甘みの玉ねぎが豚肉のおいしさを引き立てます。

■ 【和風タンドリーポークソテー】

赤身の多い豚もも肉も、ヨーグルトとしょうゆを混ぜたたれに漬けるとやわらかくなります。1時間ほどおいてしっかりとなじませて。

豚肉は、疲労回復、スタミナのビタミンとも呼ばれるビタミンB1が豊富な食材。これから夏本番を迎えるにあたり、暑さでバテないように意識して食べたいですね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)