調理は炊飯器にお任せ! おかわり確実のうまみたっぷりツナご飯5選

調理は炊飯器にお任せ! おかわり確実のうまみたっぷりツナご飯5選

「ツナときのこの炊き込みご飯」 レタスクラブニュースより

まぐろやかつおを油漬けにしたり、スープ煮にしたりして作るツナ缶は、家庭で常備しているととっても便利。缶詰によってはDHA油を配合したり、食塩無添加のものがあったりと意外と種類も豊富です。今回は、うまみたっぷりのツナご飯5品をご紹介。調理は炊飯器にお任せのものばかりなのでラクチンですよ。

■ 【ツナときのこの炊き込みご飯】(390Kcal、塩分0.9g、調理時間40分)

<材料・3〜4人分>

ツナ缶 1缶(約140g)、三つ葉のざく切り 1束分、しめじ 大1パック(約150g)、えのきたけ 1袋(約100g)、ミニトマト 10個、米 2合、しょうゆ、みりん、塩、こしょう、酒

<作り方>

1. 米は炊く30分前に洗ってざるに上げる。しめじは小房に分け、えのきたけは長さを半分に切り、ともにボウルに入れる。しょうゆ、みりん各小さじ2、塩、こしょう各少々を加えてあえる。

2. 炊飯器に米、水270ml、酒大さじ1を入れ、きのこを汁ごと広げてのせる。ミニトマトはまるごと、ツナは缶汁を軽くきってのせ、普通に炊く。ツナは缶汁を軽くきりながら、缶から直接加えればOK。具も調味料も一緒に入れて炊くだけ。

3. 炊き上がったら約10分蒸らし、三つ葉を加えてさっくり混ぜ合わせる。

※米をざるに上げておく時間は、調理時間に含まない。

塩分が控えめなのでやさしい味わい。三つ葉とミニトマトが入ることで彩りもよく仕上がっています。加熱してやわらかくなったミニトマトと、2種類のきのこの食感の違いを楽しんでくださいね。

■ 【ツナ缶と豆のカレー炊き込みご飯】

ツナ缶はうまみのある缶汁ごと炊飯器に入れます。ふたを開けた時にふんわりと漂うカレーの香りが食欲をそそる1品。

■ 【ツナピラフ】

水を切って加えたホールコーンがほのかな甘みをプラス。仕上げにちらす万能ねぎの風味が生きています。

■ 【しらたきと梅干入り和風ピラフ】

梅干し入りでさっぱりとしています。しらたきのぷりぷりした食感が新鮮。糖質やカロリーを控えたい人にもおすすめです。

■ 【レタスチャーハン風炊き込みご飯】

火を使わないチャーハンは“蒸らし”がポイント。炊き上がってから溶き卵を加えてふたをし、ご飯を蒸らしながら卵に火を通します。

夏の暑い日は火を使うのもけっこうしんどいものですよね。そんな時は、炊飯器で作れるピラフを作って食卓に並べてみましょう。お弁当にも使えるので、多めに作っておくと役立つかも。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)