夏休みのお昼ごはんに!アレンジいろいろ「豚丼レシピ」5選

夏休みのお昼ごはんに!アレンジいろいろ「豚丼レシピ」5選

ねぎ塩豚丼

豚肉には疲労回復の手伝いをしてくれるビタミンB1が豊富で、夏バテ予防にぴったり。そんな豚肉を使ったどんぶりをご紹介。夏休みのお昼ごはんにもぴったりです。

■ シンプルな味付けでさっぱり食べられる「ねぎ塩豚丼」

<材料2人分>

豚バラ薄切り肉…150g、にんにくのみじん切り…1片分、赤パプリカ…1/2個、長ねぎの小口切り…15cm分、温かいご飯…どんぶり2杯分、合わせ調味料(とりガラスープの素…小さじ1、酒…大さじ2)、白いりごま…少々、塩、粗びき黒こしょう、ごま油

<作り方>

1.肉に下味をつけつつ、ごま油も入れて、うまみをコーティングする。豚肉に塩小さじ1/4、こしょう少々をふり、ごま油大さじ2、にんにくをあえて約5分おく。パプリカは縦細切りにする。

2.フライパンを熱して豚肉を広げ入れ、両面に焼き色をつける。パプリカ、ねぎを加えてさっと炒め、合わせ調味料を加えて強火で炒める。

3.器にご飯を盛り、2をのせ、ごまを散らす。

豚肉には下味をつけ、ごま油でうまみをコーティング。風味も豊かに仕上がります。

■ はちみつ効果でマイルドな甘辛だれ「豚丼」

豚こま切れ肉は鮭としょうが汁に入れサッと火を通すことで、ふっくらと仕上がります。タレに煮汁を利用して肉のうまみもプラス。

■ じゃがいもも入ってボリュームアップ「つゆだく豚丼」

豚肉と玉ねぎは、色ずくまで味を含ませるのがポイント。じゃがいもは少し煮くずすと、つゆのとろみになり食べやすくなります。

■ もやしを使ってヘルシーに「もやしたっぷり豚丼」

もやしは、さっと炒めるだけで食感を残します。ご飯の上にもやしと豚ロース肉をドンとのせて、食べごたえのある一皿に。

■ 豚肉とトマトを和風味で仕上げる「カリカリ豚丼」

豚肉は、カリカリになるまで油を拭き取りながら焼いていきます。焼きトマトとカリカリ豚肉の相性抜群などんぶりです。

焼き方を工夫したり、添える野菜を変えるだけでも全く違った豚丼に変身します。今回のどんぶりは、とても簡単ですぐにでも作れちゃうレシピがいっぱいです。暑い夏にはぴったり! 疲れもとれて、お手軽に作れる豚丼は、大人に限らず、食べ盛りの子どもにもおすすめです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)