脂がのってやわらか! ダイエット中でも安心して食べられるいわし料理5選

脂がのってやわらか! ダイエット中でも安心して食べられるいわし料理5選

「いわしのガーリックソテー」 レタスクラブニュースより

脂がのっていてふっくらとした味わいのいわしは、今の季節が食べごろの青魚。ドコサヘキサエン酸をはじめ、ビタミンやたんぱく質、カルシウムを豊富に含んだ、ヘルシーなお魚です。今回は香りを楽しめる、いわしの焼き物レシピをご紹介。むし暑い夏に、栄養たっぷりのいわしを食べてスタミナをつけましょう。

■ 【いわしのガーリックソテー】(198Kcal、塩分1.5g、調理時間30分)

<材料・2人分>

いわし 2尾、にんにく 大1片、なす 2個、トマト 1個、青じそ 4枚、オリーブ油 大さじ1、塩、こしょう

<作り方>

1. いわしはうろこを取って頭を落とし、内臓を出して洗う。水けをふき、塩小さじ1/2、こしょう少々をふる。なすは縦半分に切って斜め横半分に切る。トマトは1cm厚さの輪切りにする。

2. フライパンにオリーブ油と薄切りにしたにんにくを入れ、弱火で火を通して薄く色づけ、取り出しておく。続いていわしを焼く。器に盛ったとき上になる面から焼くようにする。あいているところでなすを焼き、塩、こしょう各少々をふる。

3. いわしの焼き上がるころにトマトを加え、強火でサッと焼き、仕上げに粗めのみじん切りにした青じそをふる。器に盛って2のにんにくをちらす。

いわしと夏野菜を、オリーブ油とにんにくでこんがり焼きました。にんにくと青じその香りと、いわしのカリッとした焼き加減が食欲をそそる1品。においが気になる場合は、下ごしらえをするときに腹の中をしっかりと洗いましょう。

■ 【いわしの和風グリル】

塩と料理酒でさっぱりと味つけした、いわしのグリル料理。梅干しの酸みがいわしの脂によく合います。

■ 【いわしのかば焼き】

大人気の甘辛だれで、いわしをかば焼きに。子どものお弁当にもおつまみにもぴったり。

■ 【いわしのムニエルミニトマトサラダのせ】

青じそとレモン汁でさっぱりとした味わいのムニエル。いわしの脂とさわやかなレモンが相性バツグンです。

■ 【真いわしのピリ辛イタリアン】

トマトとレモンでさわやかに仕上げたイタリアン風の1品です。スープの素でうまみをプラス。

いわしは目が澄んでいて黒く、体側の黒い点が鮮明なものが新鮮。鮮度が非常に落ちやすいので、買ってきたらその日のうちに食べましょう。薬味といっしょにたたくと香りが移って、風味豊かになりますよ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)