まだまだ油断できない湿気から、使いかけの「乾物類」を守るワザ

まだまだ油断できない湿気から、使いかけの「乾物類」を守るワザ

チェックがついていない袋入りのものも多い乾物類

梅雨があけたとはいえ、水や火を使うキッチンは家の中でも湿気が多い場所。使いかけの乾物類の保存には注意が必要です。輪ゴムでラフに留めただけの“ゆるゆる保存”だと、カビや虫が発生したり、キッチンがなんとなく臭う……の原因に。

そこで、種類が増えがちな乾物類を正しく収納&保存する方法を、家事代行サービスCaSy(カジー)のプロ・隈河(くまかわ)綾子さんに教えてもらいました。

■ 【乾物類は保存用密閉袋でカテゴリー保存】

使いかけのものが、ちまちま多種類ありがちな乾物類。和・洋・中や海藻系などカテゴリーごとに、保存用密閉袋に入れておくと使いやすく、残量も把握しやすくなります。密閉袋はカゴに立てて収納を。

●密閉袋でカテゴリー保存

チャックがついていない袋のものは、開封口をラップなどで覆い、わかめやこんぶなどの「海藻系」、ひじきや切り干し大根などの「乾物系」など自分が使いやすいカテゴリー別に保存用密閉袋へ。カゴに立てて入れ、湿気が少ない上のほうの棚で保存を。

●特にしけやすいのりは…

しけやすい乾物の代表・のり。特に大判のものは、のりの袋に入っているものとは別に、食品用乾燥剤を保存用密閉袋に追加で補充して保存を。

そうそうカビないから……の油断は禁物! 正しく保存しなければ、品質や風味は確実に損なわれます。

家族の健康のベースになる料理だからこそ、食材も安心安全な保存を心がけましょう!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)