知らないうちにやってない? シンクの汚れ&カビの原因になる「NG習慣」

知らないうちにやってない? シンクの汚れ&カビの原因になる「NG習慣」

三角コーナー。実はカビやバクテリアの絶好の繁殖スポット!

キッチンのシンク。“これが当たり前だと思っていたから”と続けている習慣が、実は汚れを増殖させているとしたら……。すぐにでも改めたい「NG習慣」とは? 家事代行サービス・CaSy(カジー)の瀬戸島実千代さんに教えてもらいました。身に覚え、ありませんか?

■ 【シンクのNG習慣】

●三角コーナーを置いている

三角コーナーはカビやバクテリアの絶好の繁殖スポット。思い切って使うのをやめて。調理時はビニール袋を用意し、生ゴミはそこへ。そのつど袋ごとゴミ箱に捨てればOK。

●水切りネットを使わない

ゴミ受けに直接生ゴミを入れると、細かい野菜くずや食べ残しが目に詰まり、カビ発生の原因に。掃除もしにくいので、ゴミだけを取り出せる水切りネットを使うのがベター。

●油汚れをそのまま流す

調理器具や皿にこびりついた油や残った食材を直接シンクに流していませんか? ティッシュやペーパータオルでまず軽く拭き取ってから流すことで、排水口の油汚れを軽減!

<おまけ>瀬戸島さんの裏技アイテム:入れ歯洗浄剤

実は、入れ歯洗浄剤は排水口の汚れにもバツグンの効果を発揮します。水の中にポンと1錠入れ、発泡が終わったら流して。翌朝スッキリ!

意外にどれもやりがちなことばかり。でも、それが汚れ増殖の原因になるなら、きょうからきっぱりやめましょう! 

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)