浴室掃除にまつまわる素朴な疑問に、プロがずばり回答!

浴室掃除にまつまわる素朴な疑問に、プロがずばり回答!

掃除好きが高じてプロになった積さん。豊富な経験&日々の研究に基づいてアドバイス

どこまで洗える? 頻度は? そんな浴室掃除にまつわる素朴な疑問を、日々掃除を研究する家事代行サービス・CaSy(カジー)の積 裕子さんが解決!

■ 【浴室掃除のモヤモヤ Q&A】

●Q1. ゴムパッキンのガンコな汚れが全然落ちない

A. 専門業者の手が必要かも

ゴムパッキン部分は、強い洗剤を使うと劣化するおそれがあります。中性洗剤で洗って落ちない場合は、無理にこすらず業者に任せて。

●Q2.「エプロン」の中がまるで魔窟。どうすればいい?

A. 掃除は年1回でOK

エプロンとは浴槽の前面のカバーのこと。中はカビや汚れがたまりやすい場所なので、気になる人は年1回程度外し、塩素系漂白剤で洗って(設備により外せない場合もあり)。

●Q3. 浴室に窓がついていません

A. 湿気が取れるまで換気扇。以降はドアをあけ放して

湿気を除くため、一晩中換気扇をオンにしておくのがベスト。全体が乾燥したら、日中は扉を全開にして、通気性をキープして。

いかがでしたか。日ごろのモヤモヤもプロのアドバイスですっきりしたのでは!? この調子で浴室もすっきりさっぱり快適にしておきましょう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)