雑貨コレクター必見! 集め過ぎるプロの“美せる”収納

雑貨コレクター必見! 集め過ぎるプロの“美せる”収納

すぐ見たい雑貨は、パッケージを前面に見せてラベル代わりに

趣味や仕事柄、どうしてもものを集め過ぎてしまうけれど、ものと共存してセンスよく暮らしている人たちの、個性あふれる収納術。立体造形家であり、雑貨コレクターの森井ユカさんの雑貨収納アイディアを拝見しました。

■ 【場所や収納アイテムを分けることで整理を】

「雑貨にまみれて暮らしたい」と語る森井さんは、海外の雑貨やスーパーについてなどの著書も多く、もはやものを集めて持っていることが、仕事にも直結しています。オフィスでは、集めてきたものを収納ケースや箱を使って収納。エレクターのシェルフも活用しています。

「すぐ見たいものは半透明の収納ケースに、2軍に落ちたものは白い箱に入れています」。増え続ける雑貨に対応するために、買い足せる棚や箱にするのもポイント。一方でご自宅は壁面の本棚が唯一の収納スペースといってもいいほど。一極集中の収納にすることで、ものが多くても片づいた印象に。

■ 【IDEA発見】

●専用のディスプレーボードを自作

1960年代にフランスで発売されたブルボン社のキーホルダーのコレクション。白い板でボードを作ってそこにディスプレーを。

●中身をひと言付箋で表示

白い箱には、今すぐ必要ではない雑貨や、オリジナルの商品を開発した際のサンプルなどを。中身については付箋をラフに貼って管理。

●ジャンルごとにきっちり分けて

収納ケースの中は、雑貨を1ジャンルずつに、ファスナーつきの透明袋に入れて保管。森井さんの雑貨への愛が伝わってきます。

すぐに見たい1軍雑貨は半透明の収納ケースにパッケージを前面に見せてラベル代わりに。今すぐ必要じゃない2軍は白い箱に。その割り切りがすっきり収納のヒミツのよう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)