そのUVケア、大丈夫? 日焼け止めの“正しい塗り方”を覚えよう!

そのUVケア、大丈夫? 日焼け止めの“正しい塗り方”を覚えよう!

日焼け止めは正しく塗らないと意味なし!って知ってた?

ただいま厳重警戒発令中の紫外線。「しっかり」「きっちり」防ぐためには、UVケアアイテムの塗り方も大切です。紫外線対策に大きな差が出る“正しい塗り方”を、内科・皮膚科医の友利 新先生に教えてもらいました!

■ 【日焼け止めの塗り方解説】

●1. くまなく、ムラなく、しっかり塗る

日焼け止めはたっぷりつけないと意味ナシ。塗り残しや塗りムラのないように、丁寧にしっかりつけて。弱めのSPFが含まれる化粧品は、塗らないよりはいいというレベルで、外出時には不充分。SPF、PAどちらの値も高い専用の日焼け止めを必ず使いましょう。化粧下地にもなる日焼け止めや、SPFの高いBBクリームは、時短になって忙しいママにはおすすめです。

●2. 自分なりの手順を決めて塗り忘れを防ぐ

例えば、おでこ〜目の周り〜鼻〜ほお〜あごなど、自分なりに日焼け止めを塗る場所の順番を決めてルーティン化することで、部分的な塗り忘れが防げます。顔の中では鼻の下や目の下の涙袋がある辺りが、特に塗り忘れの多いところなので注意しましょう。窓辺にいたり、洗濯物を干したりなど外出しなくても紫外線は浴びるので、毎日のケアとして定着させて。

●3. 夏に気をつけたい!うっかり日焼け部位

まとめ髪にしたときの衿足や耳の後ろは、UVケアの盲点になりやすい部分です。このほかデコルテにも日焼け止めを忘れずに塗りましょう。そして意外なことに、目も日焼けするのです。光が目に入ると「日焼けする!」と脳が感知してメラニンが活性化するともいわれており、もちろん目の健康にもよくありません。サングラスを使うなどして夏の強い日ざしから目を守りましょう。

●4. シミになりやすい部分には重ね塗りを

顔の中でも、Cゾーンと呼ばれるほお骨まわりの高くなった部分は、日光を浴びやすく、特にシミができやすいところです。ここには日焼け止めを二度塗りして、紫外線をしっかりブロックしましょう。無防備に日光にさらされがちな腕や手にも要注意。手の甲だけにシミが出るということもあるので、ここにも日焼け止めを忘れずに。

●5. 塗り直しにはスプレーやパウダータイプが便利

メイクしている場合、日中に日焼け止めを塗り直すというのはなかなか難しいもの。おすすめの方法としては、メイクの前に朝しっかり日焼け止めを塗っておき、化粧直しのタイミングなどにスプレーやパウダータイプの日焼け止めを使ってカバーすること。この方法ならメイクを落とす必要もなく、日焼け止め効果がプラスできて便利です。

「日焼け止めを塗るの忘れちゃった」なんて、もってのほか! UVケアは年中無休です。シミ・シワ・たるみで将来泣かないためにも、日焼け止めを正しく塗って紫外線対策を。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)