眠っているラー油の出番です! ラー油が決め手のレシピ5選

眠っているラー油の出番です! ラー油が決め手のレシピ5選

とりむねのラー油南蛮漬け

餃子には欠かせないラー油。しかし、その他に使い道が思い浮かばなくて、家で眠らせてしまっている人も多いのでは? 今回はそんなラー油を使ったレシピをご紹介します。あとひくピリ辛味は、食欲増進してくれる料理ばかりですよ。

■ 甘酸っぱさに辛さを足して「とりむねのラー油南蛮漬け」

<材料2人分>

とりむね肉…1枚(約250g)、にんじん…1/4本、貝割れ菜…1/2パック、たれ(おろしにんにく…1/2片分、ラー油…小さじ1〜2、はちみつ…小さじ1、しょうゆ、酢…各大さじ2)、塩、こしょう、酒、サラダ油、片栗粉

<作り方>

1.にんじんは縦にせん切りにし、貝割れ菜は長さを半分に切る。とり肉は7〜8mm厚さのそぎ切りにし、塩、こしょう各少々をふって、酒小さじ1をもみ込む。ボウルにたれの材料を合わせる。

2.フライパンに油を1cm深さまで入れて熱し、とり肉に片栗粉を薄くまぶして入れる。片面につき約3分ずつ、こんがりと揚げ色がつくまで揚げる。

3.とり肉は揚げ焼きしたら、油をきって熱いうちにたれにからめると、味がよくしみこむ。

からりと揚げたとりむね肉を、ラー油を利かせた南蛮漬けに。シャキシャキのにんじんと貝割れ菜がアクセントです。

■ 牛肉でスタミナをつけよう「牛肉のピリ辛ラー油炒め」

炒めるとき油にラー油を加えて香りをつけます。小松菜は生でも食べれるので、火を入れすぎないようパパっと仕上げて。

■ ラー油の風味を閉じ込めて「えびのラー油風味から揚げ」

片栗粉でえびがカラッとしてビールのお供におすすめの一品に。えびのから揚げは火が通りやすく手早くできるのが嬉しいですね。

■ 長ねぎの風味で簡単だけど深い味「豆腐のラー油炒め」

長ねぎの青い部分を使って彩りよく。もう一品欲しい、パッとおつまみが作りたい、そんなときのお助けレシピです。

■ 辛いのにクリーミー「ゆで卵とチーズのラー油あえ」

海鮮風あと引きラー油を手作りします。クリームチーズにからめて濃厚な美味しさを楽しんで。

ラー油は辛いだけではなく、ごま油やスパイス、にんにくやショウガなど、たくさんの風味が入っています。炒める油に足したり、下味に入れるだけで、料理に深みを出してくれるとても優秀な調味料。さっそく試して、ラー油を使いこなしてみてくださいね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)