すぐに調理に取りかかれる! キッチンを「コックピット」化するための“火まわり収納”ワザ

すぐに調理に取りかかれる! キッチンを「コックピット」化するための“火まわり収納”ワザ

コックピットキッチンの火まわりは、こう収納すべし!

狭いキッチンほど、飛行機のコックピットのように“手元操作”ができるようカスタマイズすれば使い勝手がよくなるもの。「そのためには、収納に工夫を」というのは、自宅のキッチンをコックピット化している収納スタイリスト・吉川永里子さん。実際にガスコンロ周辺の“火まわり収納”ワザを見せてもらいました。

 

■ 【調理に使うものはここ! 火まわり】

キッチンツールはレンジフードにつるし、塩や砂糖も透明容器に入れて出しっぱなし。毎日使う鍋も出しておく、など“すぐ調理に取りかかれる”工夫がいっぱい!

 

●P 塩・砂糖類はコンロ横にスタンバイ

「必ず使うものなので、透明容器に移し替え、コンロの横に出してあります」。残り少なくなったら買い足す方式でストックも不要。※取るときはコンロの火に充分ご注意ください。

 

●Q 毎日使う鍋は出しっぱなし

「汁物は毎日作るので、この鍋は出しっぱなしにしています」。白いほうろう製なので生活感はゼロ。絵になる道具を選ぶのが重要です。

 

●R キッチンツールは片手でパッと取れる!

二重構造で横ブレしにくいフックを使って、レンジフードにすべてつるしてあります。「使いたいものが片手でもパッと取れます」。

 

●S 大物調味料はかがめばすぐ出せる

油やみりんなどは書類ケースに入れて、ガス台下へ。「ちょっとかがむだけで、片手で出し入れOK!」。

 

●T フライパン類はコの字ラックで出しやすく

出し入れしやすいよう、なるべく重ねずに。収納ラックの上に大きいサイズのもの、下に小さいサイズのものを。

 

●ちなみにラップやペーパータオルは…

「作業台から右へ1歩動けば片手で取れる位置」の冷蔵庫横のマグネット式棚に。キッチンタイマーやミトンなどもこのすき間に集約。

出しっぱなし収納もあり、と聞いて気持ちがラクになった人も多いのでは? 吉川さんのアドバイスをもとに、いざカスタマイズを!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)