人気の食ブロガー・ツレヅレハナコさんに学ぶ! オリジナル仕様が光る「キッチン収納」

人気の食ブロガー・ツレヅレハナコさんに学ぶ! オリジナル仕様が光る「キッチン収納」

調味料は、パッと見て何がどこにあるか分かる可動式ワゴンへ

本誌連載「ツレヅレハナコの2食材でゆるつまみ」が好評のツレヅレさん。パートナーのよしまるさんとともに、キッチンを使いやすくカスタマイズしていると伺い、早速拝見させてもらいました! さて、どんな工夫がされているのでしょう。

 

■ よく使う調味料は可動式ワゴンへ

「瓶ものの調味料や油、よく使うにんにくは、可動式ワゴンにまとめてコンロ脇に置いています。うちは来客がキッチンで調理をしてくれることも多いので、誰もがパッと見て何があるかすぐ分かることが大事。ここから好きな調味料をじゃんじゃん使ってもらいます」。

 

■ 軽いアルミ鍋なら普通の吸盤でつり下げOK

「ベトナムで出会ったアルミ鍋は、ペコペコとした素材感がたまりません。かわいいものは出しておきたいので、吸盤でつり下げています。軽いので一般的な吸盤でも充分。シンク上だと手に取りやすく、お湯を沸かしたり、ラーメンを作ったりと、毎日使っています」。

 

■ 洗剤タンクを側面に貼りつけ

シンクまわりに置いて底がヌメヌメするのが嫌だから……と、よしまるさんが見つけてきたソープディスペンサー。「吸盤でシンクの壁面に付けられ、押すだけで洗剤が出てくるので片手でも使えます。食器洗いがスムーズに」。

 

■ <よしまるeye>

ソープディスペンサーは食器洗剤用もありますが、うちは大きいボディソープ用を使用。詰め替えが面倒なので大サイズにしました。mogウォールソープディスペンサー 1,700円/三栄水栓製作所

 

■ 大量のザルやバットもサイズを合わせれば省スペースに

「こんなに必要か?と思われそうですが、必要なんです(笑)! 海外旅行で買ってきた調理道具も多いのですが、せいろや木製のもの、アルミやステンレスと、おおまかに素材で分別。そしてサイズが近いものを重ねてしまい、省スペース化を図っています」。

アルミ鍋のつり下げや洗剤タンクの設置に大活躍の吸盤。こういった便利グッズをうまく利用することで、ここに〇〇があったら使いやすい!の希望がかなえられるんですね。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)