じゅわっとジューシー! 和風・洋風・中華風のピーマンの肉詰め5選

じゅわっとジューシー! 和風・洋風・中華風のピーマンの肉詰め5選

「ピーマンの中華肉詰め」 レタスクラブニュースより

肉汁が口の中でジュワ〜っと広がるジューシーなピーマンの肉詰めは絶品ですよね。一口に肉詰めといっても、アレンジ次第でさまざまな味わいに大変身。今回は、和風・洋風・中華風と違った表情を見せるピーマンの肉詰めをご紹介します。豊かなバリエーションの中から、お好みの味を見つけてみて。

■ 【ピーマンの中華肉詰め】(296Kcal、塩分3.1g)

<材料・2人分>

肉だね(豚こま切れ肉 80g、大豆水煮缶 40g、玉ねぎの粗みじん切り 1/4個分、しょうゆ 小さじ1/2、こしょう 少々)、ピーマン 3個、おろしにんにく、オイスターソース、しょうゆ、砂糖 各大さじ1、とりガラスープの素 小さじ1/2、湯 3/4カップ、片栗粉、サラダ油

<作り方>

1. ピーマンは縦半分に切り、内側に片栗粉少々をふる。豚肉は粗く刻む。

2. 肉だねの玉ねぎをボウルに入れ、片栗粉大さじ1を混ぜる。大豆水煮を粗みじんに切って加え、残りの材料も加えて練り混ぜ、6等分にして丸める。

3. 1のピーマンに2を詰めて表面を平らにし、片栗粉を薄くまぶす。フライパンに多めの油を熱し、肉の面を下にして入れ、こんがり焼く。肉詰めは、肉の面だけ焼くことで、ピーマンのシャキッとした食感を残して仕上げられる。

4. フライパンの油をきり、たれの材料を加えてふたをし、約2分蒸し焼きにし、中まで火を通す。ふたを取って、水分をとばしながら、軽く煮詰めてたれをからめる。

オイスターソースやとりガラスープを使った中華風ピーマンの肉詰め。肉だねに大豆の水煮缶を入れることで、ふっくらとやわらかい食感に仕上がります。大豆は粗みじん切りにしてから加えましょう。

■ 【肉詰めピーマンの甘辛煮】

味つけはめんつゆにお任せのラクチンメニュー。みりんを加えて、表面にきれいな照りを出します。

■ 【ピーマンの洋風肉詰め】

肉だねの上に粉チーズ入りのころもをつけて焼き上げます。ケチャップを添えて、フライ感覚で召し上がれ。

■ 【肉詰めピーマンのトマト煮】

トマト缶で野菜と肉詰めを一緒に煮込みます。ピーマンの苦みが消えるので、子どもも喜ぶ出来上がりに。

■ 【ピーマンの肉詰めガリバタ焼き】

味の決め手はガリバタソース。コクのあるバターとこうばしい香りのにんにくが、絶妙なハーモニーを奏でます。

ピーマンから肉だねがはがれてしまわないように、ピーマンの内側に片栗粉をふっておきましょう。茶こしを使うとまんべんなくふることができるのでおすすめですよ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)