「かじきのソテー」に飽きたときに。こうばしさが食欲をそそる魚の時短レシピ

「かじきのソテー」に飽きたときに。こうばしさが食欲をそそる魚の時短レシピ

このこうばしさはクセになる!

肉食系男子や魚が苦手な子どもに、魚を食べさせたいときに重宝するのが、かじき。でも、ソテーするだけじゃマンネリで…というときに、試してほしいレシピです。

ガーリックパン粉のこうばしさの秘密は、粗く刻んだくるみ! 食欲をそそる香りに箸がとまらなくなりますよ。

 

■ 【かじきと夏野菜のガーリックパン粉炒め】

<材料・2人分>

かじき2切れ、ズッキーニ1本、黄パプリカ1/2個、ガーリックパン粉(にんにくのみじん切り1/2片分、くるみ20g、パン粉大さじ5、塩小さじ1/3、こしょう少々)、オリーブ油、塩、こしょう

<作り方>

1.ズッキーニは3cm長さに切り、四つ割りにする。パプリカとかじきは3cm四方に切る。

2.ガーリックパン粉を作る。くるみは粗く刻む。フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら残りの材料を加える。木べらで混ぜながら炒め、パン粉がきつね色になり、カリッとしたら、いったん取り出す。

3.同じフライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、かじきを入れて両面をさっと焼きつける。うすく焼き色がついたらズッキーニ、パプリカを加え、2〜3分炒めたら塩、こしょう各少々で調味する。2の半量を戻し入れてさっと混ぜ合わせ、器に盛る。2の残りをかける。

(1人分369kcal、塩分1.5g、調理時間15分)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)