だいすけお兄さんの収納術に“だいすけロス”のお母さん世代メロメロ!?

横山だいすけが『有吉ゼミ』で収納術を披露 "だいすけロス"お母さん世代が歓喜

記事まとめ

  • NHK『おかあさんといっしょ』を卒業した"だいすけお兄さん"こと横山だいすけ
  • 『有吉ゼミ』に登場し"だいすけロス"のお母さん世代からは歓喜の声が上がったという
  • 横山は実は"お片付け"も大得意で、番組ではDIY収納術を披露した

だいすけお兄さんの収納術に“だいすけロス”のお母さん世代メロメロ!?

だいすけお兄さんの収納術に“だいすけロス”のお母さん世代メロメロ!?

“だいすけお兄さん”の収納術に子どもたちも大喜び

今年3月に多くのファンに惜しまれながら「おかあさんといっしょ」(NHK)を卒業した“だいすけお兄さん”。しかし卒業後も様々なメディアに登場しており、世のお母さんたちを喜ばせています。

 

■ だいすけお兄さんがDIY収納術を披露

9月25日放送の「有吉ゼミ」(日本テレビ系)に、“だいすけお兄さん”こと横山だいすけが登場。“だいすけロス”のお母さん世代からは歓喜の声が上がっています。うたのお兄さんを9年間務めた横山ですが、実は“お片付け”も大得意。そこで番組では「だいすけお兄さんのお部屋を片付けよう!」という企画が行われました。

今回片づけるのは、お笑い芸人・常道裕史の自宅。“右ひじ左ひじ交互に見て”のリズムネタで一世を風靡した常道は、3人の小さな男の子を育てる立派なお父さんです。子どもたちは元気いっぱいで、お部屋には文房具やお菓子、おもちゃなどが散乱。そこで横山は、手作りの収納アイテムでお部屋を整理整頓することに。

まず横山はペットボトルの底の部分を切りとり、スプレーで塗装。林檎の形をした可愛らしい小物入れを作って、散らかった机の上の文房具などを綺麗に片づけました。そして子ども部屋は、6mmの穴が等間隔で空いた“有孔ボード”でおもちゃを収納。穴に磁石を埋め込んでいき、おしゃれなミニカーのディスプレイとして使っています。

これに子どもたちは「すごい!」と興奮気味。大好きな“だいすけお兄さん”に「遊んだら片付けたくなるでしょ?」と聞かれると、「うん!」と元気いっぱいにお返事していました。さらに横山はキッチン周りの収納や壁の装飾なども行い、常道一家は大満足。最後は何故か、「明日一緒に幼稚園行こ!」と子どもからナンパされていました。

横山のお片付け企画に、視聴者からは「やっぱり子どもと接してるだいすけお兄さんは魅力度10倍だな! めっちゃ癒される〜」「だいすけお兄さんの優しい笑顔が尊すぎて泣いた」「是非私の家にも来てほしい! どうやったらだいすけお兄さんが来てくれるの?」との声が相次いでいます。

 

■ トヨタのスペシャルムービーにお母さんメロメロ

“うたのお兄さん”を卒業した後も、テレビ出演など様々な活躍を見せお母さん世代の注目を集めている横山。10月3日からは株式会社トヨタのスペシャルムービー「Daisuke is Back篇」も公開されています。

このムービーで横山は、ハットをかぶったスタイリッシュな姿で登場。子どもを抱きながら優しい歌声を披露しており、ファンからは「家事の疲れが一瞬で消し飛んだ!」「最近色んな仕事やってるけど、やっぱり歌ってるだいすけお兄さんが一番好き!」「あざといほど格好良い… トヨタ様ありがとうございます」といった喜びの声が相次いでいます。

その人気は衰えることを知らず、むしろ上昇しているだいすけお兄さん。今後も忙しいお母さんたちに、束の間の癒しを提供してもらいたいですね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)