ノロウィルスを予防する除菌スプレーがたった3カ月で完売!? 卵から生まれたヒットアイテムの秘密

ノロウィルスを予防する除菌スプレーがたった3カ月で完売!? 卵から生まれたヒットアイテムの秘密

5秒で99.9%の除菌が完了! まな板や包丁にもシュッとかけるだけ

ちまたで話題のあの商品。その誕生には思わぬドラマがあるのです。今回は、除菌スプレー「K Blanche(ケイ ブランシュ)」のヒットの秘密を、商品担当者に教えていただきました。

 

■ 長年の研究が生んだ卵の新しい可能性

これから冬にかけて流行のシーズンを迎えるウイルス性胃腸炎。特にノロウイルスは、感染力も強いので心配ですよね。なんとかこれを予防する手だてはないものか、そんな声に応えて開発されたのが、キユーピーから発売された除菌スプレー「KBlanche(ケイブランシュ)」。通販限定の商品にもかかわらず、昨年10月に発売されると、わずか3カ月足らずで年間目標の1万本を完売しました。

 

「弊社はマヨネーズなどの食品利用以外にも、卵の可能性を追求する研究を30年以上行なっているのですが、『K Blanche』もこうした研究から生まれました」。そう説明するのは、マーケティング本部NVプロジェクトの影山智史さん。

「卵の白身には、リゾチームという、外からの雑菌をやっつける成分が入っていますが、これを加熱して構造を変えると、ノロウイルスを不活化させる効果があることが、東京海洋大学さんとの共同研究で分かりました。『ノロクリアプロテイン』と名づけた、この抗ウイルス成分を配合したのが『K Blanche』なのです」。

 

中身は卵由来の成分と水とアルコールのみ。塩素系の除菌剤が不安という人も、これなら安心してキッチンで使えます。「万が一、食品にかかっても安心して召し上がれます。意外かもしれませんが、歯ブラシの除菌にも使えるんですよ」。

 

しかも、5秒で99.9%の菌を除去するというから驚きです。さらにうれしいのが、おしゃれなボトル。これならキッチンに置きたくなりますね。「『K Blanche』のKは、キッチンのK。Blancheはフランス語で白。清潔感を表わすとともに、卵の白も意味しています。卵でキッチンから清潔に。そんな思いとともに、今後は他社さんともコラボするなど、さらに広く社会に役立てていけたらいいですね」

 

■ 次にくるヒットはこれ!

●日本初、肌のための機能性表示食品「ヒアロモイスチャー240NEXT」

80年代に、鶏のトサカを活かしたヒアルロン酸抽出方法を開始したキユーピー。その後「発酵法」を開発し、安定的な生産が可能になりました。2015年に発売された「ヒアロモイスチャー240」は、日本初、肌のための機能性表示食品。加齢とともに減少するヒアルロン酸を補って、この冬の肌乾燥対策に! 30日分・120粒 5,000円 キユーピーアヲハタネットショップにて販売。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)