お弁当にも使える! ねっとりウマウマ里いもコロッケ5選

お弁当にも使える! ねっとりウマウマ里いもコロッケ5選

「ひき肉と里いものコロッケ」 レタスクラブニュースより

外はサクッと中はホクホクのコロッケは特に揚げたてがおいしいですよね。たねはじゃがいもをすり潰したものが定番ですが、その他にも相性抜群の食材が目白押し。そこで今回は、ねっとりウマウマの里いもコロッケ5品を紹介します。10月〜11月にかけて旬の里いもが出回るので、ぜひ活用してくださいね。

■ 【ひき肉と里いものコロッケ】(539Kcal、塩分1.4g、調理時間20分)

<材料・2人分>

合いびき肉 150g、里いも 4個、キャベツのせん切り 2枚分、玉ねぎのみじん切り 1/4個分、レモンのくし形切り 2切れ、削りがつお 1/2袋(約3g)、白すりごま 大さじ1、ころも(小麦粉 適宜、溶き卵 1個分、パン粉 適宜)、バター、みそ、塩、こしょう、揚げ油

<作り方>

1. 里いもは皮をよく洗って皮つきのままラップで包み、電子レンジで4〜5分加熱する。熱いうちに皮をむいてボウルに入れ、フォークなどで細かくつぶす。キャベツは削りがつおと混ぜる。

2. フライパンにバター大さじ1を溶かして玉ねぎを入れて炒める。しんなりしたらひき肉を加えて炒め合わせ、みそ小さじ2、塩、こしょう各少々を加えてむらがなくなるまで混ぜて火を止める。粗熱がとれたら、1のボウルにすりごまとともに加えて混ぜる。ひき肉が全体になじむようによく混ぜると味が均一に仕上がる。

3. 2を4等分して小判形にまとめ、ころもを小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。揚げ油を高温(約180℃)に熱し、揚げ色がつくまで約3分揚げ、皿に盛る。キャベツも盛り、レモンを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

みそバター風味でしっとり&やわらかに仕上げています。ひき肉を合わせる際は、全体になじむように混ぜるのがコツ。均一に混ぜないと味にむらが出るので注意しましょう。

■ 【里いもコロッケ】

からしじょうゆでいただく和風コロッケです。お好みでソースをかけて食べてもOK。

■ 【豚肉と里いものコロッケ】

豚肉でくるまれた里いもが絶品。里いもは竹串がスッと通るまでゆでてから皮をむいてください。

■ 【里いものコロッケ】

和風の味つけが幅広い世代から喜ばれる1品。コロッケは、中温(170℃)できつね色になるまで揚げたら出来あがりですよ。

■ 【里いもコロッケ】

ねっとりとした里いもとアスパラガスの食感の違いが楽しめます。里いもは電子レンジで加熱すると皮が向きやすくなるのでおすすめ。

里いものぬめりは残しすぎてしまうと、味がしみにくくなります。皮をむいて塩もみしてから軽く洗い流す程度でOK。また熱湯で2〜3分ゆでてもぬめりがとれるので、調理に合った方法を選択してください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)