やさしい甘みがクセになる! たっぷり長ねぎの“とろうま”グラタン5選

やさしい甘みがクセになる! たっぷり長ねぎの“とろうま”グラタン5選

「とり肉と長ねぎのポテトグラタン」 レタスクラブニュースより

これからの季節に食べたくなるのがあたたかいグラタン。そこで今回は長ねぎを使った“とろうま”グラタン5選を紹介します。グラタンに使うイメージはあまりないねぎですが、意外にもベストマッチ。じっくり火を通すと本来の甘さが引き立ちます。

■ 【とり肉と長ねぎのポテトグラタン】(526Kcal、塩分0.9g、調理時間20分)

<材料・2人分>

とりもも肉 小1枚(約200g)、牛乳 1カップ、ピザ用チーズ 60g、じゃがいも 2個、長ねぎ 1本、サラダ油、塩、こしょう

<作り方>

1. じゃがいも1個はラップに包んで電子レンジで約2分加熱する。ラップをはずし、粗熱がとれたら5mm厚さの輪切りにする。もう1個はすりおろす。ねぎは4cm長さに切る。とり肉は一口大に切る。

2. フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、とり肉、ねぎを入れ、とり肉の色が変わるまで炒める。牛乳、じゃがいもの輪切り、すりおろしを加え、とろみが出るまで弱めの中火で約3分煮る。塩、こしょうで味をととのえる。牛乳にすりおろしたじゃがいもを加えると、とろみが出てホワイトソースのようになる。

3. グラタン皿に入れ、チーズを散らす。オーブントースターでチーズにこんがりと焼き色がつくまで約5分焼く。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

とりもも肉が入った食べごたえ満点のグラタンです。ポイントはじゃがいものダブル使い。1つは輪切りにして具材に、もう1つはすりおろして加えれば、ホワイトソースのようなとろみが出ます。

■ 【長ねぎと豆腐のグラタン】

豆腐を使ってボリュームアップしたヘルシーメニュー。オーブントースターで表面に焦げ色がつくまで焼きましょう。

■ 【長ねぎとハムのグラタン】

ホワイトソースが粉っぽくなってしまわないように、小麦粉は透き通るまで炒めるのがコツです。

■ 【長ねぎのマヨネーズグラタン】

ホワイトソースの代わりにマヨネーズを使って簡単に調理。パセリのみじん切りを散らすと彩りがよくなります。

■ 【長ねぎのグラタン】

ホワイトソース作りは電子レンジにお任せします。ベーコンから脂が出てくるので、フライパンで焼く時は油をひかなくてOK。

1年中手に入りやすいねぎですが、冬になると太くてやわらかい良質のものが多く出回ります。白い部分と青い部分がはっきりと分かれていて、ピンと張りのあるものが新鮮な証拠。スーパーなどで選ぶ時には参考にしてくださいね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)