本当においしい里芋の煮っころがしが食べたいなら、この作り方がおすすめ

本当においしい里芋の煮っころがしが食べたいなら、この作り方がおすすめ

しっかりと煮て、味をしみこませて

里芋を見ると、「里芋の煮っころがしは食べたいけど、下処理が面倒……」と、伸ばした手を引っ込めてしまう人はいませんか? ぬめりのある里芋は、手がすべってしまってうまく皮がむけなかったりと、たしかに下処理は面倒かもしれません。

でもきちんと下処理を施した里芋は、中までしっかりと味がしみて、とろけるようにやわらか。秋ならではのおいしさを、ぜひ味わって。

 

■ 【里いもと手羽の煮っころがし】

<材料>(2人分)

里いも大6〜7個(約600g)、とり手羽中6本、煮汁(長ねぎの青い部分1本分、しょうがの薄切り2枚、砂糖、酒各大さじ2、水1と1/2カップ)、塩、しょうゆ、みりん

<作り方>

(1)里いもは、皮をむき、塩もみを2回繰り返して水洗いする。手羽中は、骨に沿って1本切り目を入れる。

(2)鍋に煮汁の材料を入れて混ぜ、手羽中を加えて強火にかける。沸騰したらアクを除く。里いもを加え、ふたをして弱火で15〜20分煮る。

(3)里いもがやわらかくなったら、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2を加え、落としぶたをして、中火で約20分煮る。汁けが少なくなってきたらスプーンで煮汁をかけながら、ほとんど汁けがなくなるまで煮る。

(351kcal、塩分2.7g)

里芋を扱っているときに手がかゆくなってしまったら、酢で手を洗ってみて。かゆみを引き起こす成分は酸に弱い性質を持っているため、レモンやクエン酸などでもOKです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)