「こんなに使えるなんて…!」と買いに走りたくなる「揚げ玉」レシピ5選

「こんなに使えるなんて…!」と買いに走りたくなる「揚げ玉」レシピ5選

たぬきやっこ

揚げ玉の原材料は小麦粉。油で揚げることでコクや風味を持った食材になります。食感も生かした使い方が楽しめる揚げ玉ですが、煮物にも最適です。揚げ玉から出た油で料理のコクもアップ。トッピングとしても、具材としても活躍してくれること間違いなしです。

■ 揚げ玉初級編、簡単でおいしさ満点「たぬきやっこ」

<材料2人分>

絹ごし豆腐…1丁、万能ねぎ…1本、削りがつお…1袋(約5g)、揚げ玉…大さじ4、めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ2、七味とうがらし

<作り方>

1.豆腐はペーパータオルに取り出す。

2.万能ねぎは小口切りにする。

3.豆腐を横半分に切って器に盛り、削りがつお、揚げ玉、万能ねぎをのせ、七味適宜をふってめんつゆをかける。

めんつゆと揚げ玉のコラボレーションは最強。揚げ玉のサクッとした口当たりも楽しいですよ。七味の辛味もアクセントに。

 

■ だしのうまみが決め手「チンゲンサイと揚げ玉の煮びたし」

煮る時間が少なくても大丈夫。揚げ玉の助け舟でだしのうまみをいただけます。短時間で副菜のできあがり。

 

■ プラスアルファで手軽にコク深「たぬき豆腐みそ汁」

定番、豆腐のみそ汁にひと工夫。うまみとコクがアップしてよりおいしくなります。

 

■ ご飯が進む味付け「ブロッコリーとかまぼこの卵とじ」

メイン食材を邪魔しない、さりげなく味を引き立たせる揚げ玉がポイントに。ほかの料理にも応用できる小技です。

 

■ 食感が楽しい「厚揚げとまいたけのめんつゆ煮」

揚げ玉を最後の仕上げに入れて、サクっと食感を残します。豚肉や厚揚げも入っているから、ボリューム満点です。

 

コクや食感を楽しむという意味で、いろいろな使い方がある揚げ玉は意外にどんなレシピにも合います。さっと揚げ玉をふりかけたり、一緒に煮込んでみたりと活躍の場はさまざま。うま味をプラスするための食材としてもおすすめですよ。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)