ヘビロテ必至! くたくた白菜がじんわりおいしいロール白菜5選

ヘビロテ必至! くたくた白菜がじんわりおいしいロール白菜5選

「和風ロール白菜」 レタスクラブニュースより

加熱すると自然な甘みを感じられる白菜。さまざまな食材と相性がよいのですが、中でも肉とのコラボレーションを楽しめるロール白菜はおすすめの料理です。白いご飯ともパンとも相性がよく、メインディッシュにはもってこい。具材のうまみが溶けだしたスープも絶品ですよ。

 

■ 【和風ロール白菜】(240Kcal、塩分2.4g)

<材料・作りやすい分量・3人分>

とりひき肉 300g、長ねぎのみじん切り 1/2本分、しょうがのみじん切り 1かけ分、しいたけのみじん切り 1枚分、酒 大さじ1、塩、こしょう 各少々、白菜 6枚、三つ葉 2〜3本、煮汁(だし汁 2カップ、酒、しょうゆ、みりん 各大さじ2、砂糖 大さじ1)

<作り方>

1. 白菜をまとめてラップで包み、電子レンジで約3分加熱する。さまして軸のかたい部分をそぎ切る。

2. ボウルに肉だねの材料を入れてよく練り混ぜ、6等分にして俵形にまとめる。

3. 1の白菜1枚を縦に置き、手前に肉だね1個をのせ、中央にそいだ軸1切れをのせる。手前からくるくると巻き、左右も折り込んで巻き込み、巻き終わりはようじで留める。同様にあと5個作る。白菜の中央に、そいだ軸ものせ、肉だねと一緒に包んで煮れば、むだなくおいしく食べられる。

4. 土鍋に3を並べ、煮汁の材料を加えて火にかける。煮立ったら弱火にし、ふたをして約20分煮る。火を止めて約30分、余熱で味をなじませる。三つ葉をざく切りにしてのせる。

<土鍋調理で注意したいこと>

・基本的にガスコンロで使用してください。

・割れるおそれがあるので、からだきをしたり、強火にかけないでください。

・急激な温度変化で、ひびが入ったり割れたりしてしまうことも。鍋底がぬれたまま火にかけたり、熱いまま洗うのはやめてください。

・加熱中は全体が熱くなるため、素手でつかまずに鍋つかみを使ってください。

・土鍋によっては炒めもの不可のものがあるので、取扱説明書の指示に従ってください。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

和風のだしがやさしい味わい。土鍋で火を入れるので、肉だねがふっくらとした食感になります。最後に三つ葉を乗せてアクセントに。

 

■ 【とり肉のロール白菜】

とり肉は下味をつければ味がぼやけず、風味豊かな仕上がりになります。

 

■ 【やわらかロール白菜】

白菜の軸はそぎ取って薄くすると巻きやすくなります。そぎ取った軸は葉に重ねて使えば無駄になりません。

 

■ 【ロール白菜のクリームコーン煮】

子どもも大好きなクリームコーン味。合いびき肉と玉ねぎ、つなぎだけで作ったシンプルな肉だねの味が引き立ちます。

 

■ 【ロール白菜】

デミグラスソースで煮込み、ちょっぴり贅沢な味を演出しましょう。好みで生クリームをかけてもOK。

 

ロール白菜で使うのは外側の大きめの葉。余った白菜は湿らせた新聞紙で包み、冷蔵庫に入れて保存してくださいね。水分が抜けにくく鮮度が保てますよ。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)