「よくぞ選んでくれた!」栃木県民が大はしゃぎする、ポテトチップスしもつかれ味とは

「よくぞ選んでくれた!」栃木県民が大はしゃぎする、ポテトチップスしもつかれ味とは

栃木県の魅力、あるじゃん!それは「しもつかれ」

ポテトチップスの王道味として、「うすしお味」や「のりしお味」を挙げる人も多いですよね。しかし、時には「バナナ味」や「これって? 大トロ味」といった目を疑うような味が期間限定で発売されることも。あまり歓迎されずに終わる場合もありますが、今回新発売となった「しもつかれ味」は栃木県民を歓喜させているようです。

 

■ 栃木県民の伝統食・しもつかれ

カルビー株式会社は、47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現するプロジェクトを実施中。第2弾は11月13日からコンビニエンスストアで、11月27日からはコンビニエンスストア以外の店舗で販売がスタートすることに。

そして、第2弾のラインナップの中でも異彩を放っているのが栃木県の「しもつかれ味」。農林水産省の公式サイトでは、「しもつかれ」とは神社に供え、近所の人と分け合う伝統食であるという説明がされています。

「しもつかれ」は鬼おろしで粗くおろした大根やにんじん、塩鮭の頭や酒粕などを入れてある料理。「見た目はアレだけど超ウマイ」「『危険物』とか『吐瀉物』とかネタにされるのが心外。大人の味なんだぞ!」「一度食べたらやみつきになる」といった声が上がるなど、愛好している栃木県民も少なくないよう。

また、同じ「しもつかれ」でも家庭によって伝わってきた作り方や味つけが違うことから、「我が家の『しもつかれ』が一番!」と自負している栃木県民もいます。

 

■ 「しもつかれ味」のポテトチップス

そんな「しもつかれ」がポテトチップスになるというニュースには、「買う以外の選択肢はない」「よくぞ『しもつかれ』を選んでくれた!」「担当者のセンスを感じる」「絶対みんな食ってくれよ」と栃木県民が大騒ぎ。

11月13日には栃木県のマスコットキャラクター「とちまるくん」が、公式Twitterにて「いよいよ本日13日から、話題ふっとう中のとちぎの味『ポテトチップスしもつかれ味』が、コンビニエンスストアで発売されているまるよ」とツイート。「教えてくれてありがとう」「たのしみまる」といった返信があるほか、100件以上の「いいね」を獲得するという事態に。

さらに、「しもつかれ味」には栃木県民以外からも「何故か興味がわいてしまった」「見つけたら買ってしまいそう」「どこででも買えるんだよね?」との声が。県外在住の人からも注目されていることがうかがえます。

栃木県といえば、「栃木の魅力は?」「ないんだな、それが」というやり取りが街頭インタビューで流れたことがネットで話題になった県。しかし、しもつかれ味がフィーチャーされたことで「栃木の魅力、あるじゃん!」なんて声も。栃木県の魅力を感じられる「しもつかれ味」をぜひ試してみては?(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)