たっぷりからめてめしあがれ! とろりん卵黄が決め手のおかず5選

たっぷりからめてめしあがれ! とろりん卵黄が決め手のおかず5選

「まぐろのキムチユッケ風」 レタスクラブニュースより

どんな料理でも大活躍する卵は、家計にもやさしい食卓の定番食材。火を通しても生でもおいしく、食べ方のバリエーションが豊富なのもうれしいですよね。今回は、卵黄をたっぷりからめて食べるおかず5選をご紹介。とろ〜り濃厚な味わいで、大人も子どもも喜ばせてあげましょう。

■ 【まぐろのキムチユッケ風】(234Kcal、塩分1.4g)

<材料・2人分>

まぐろの切り落とし(刺し身用) 120g、卵黄 1個分、白菜キムチ(カットタイプ) 20g、にんにくオイスターだれ(おろしにんにく 1/2片分、オイスターソース 小さじ2、ごま油 小さじ2、しょうゆ 小さじ1)、白いりごま 適量

<作り方>

1. ボウルににんにくオイスターだれ、まぐろ、キムチを入れてあえる。

2. 器に盛り、白ごまをふり、卵黄をのせる。

ピリッと辛いキムチとうまみたっぷりのまぐろがよく合います。香り豊かでコク深い、自家製のにんにくオイスターだれが絶品。白いご飯にのせて、どんぶりとして食べてもおいしいですよ。

■ 【水菜とれんこんの卵黄あえ】

いつものサラダに卵黄をのせるだけでちょっぴり豪華に。黄身をくずしてドレッシング代わりにいただきましょう。

■ 【ほうれん草のしらす卵黄のっけ】

味つけはめんつゆにおまかせのラクチンメニュー。しらすとほうれん草の組み合わせで栄養も満点です。

■ 【たたき長いもの卵黄のせ】

焼きのりのこうばしさがたまりません。長ねぎの青い部分を散らし、彩りよく仕上げます。

■ 【サーモンユッケ】

しょうがとりんごのせん切りで、さっぱりフルーティーな風味をプラスします。お好みで松の実を添えるのもGOOD。

卵の白身を捨ててしまうのはもったいないので、冷凍庫などで保存しておくのがおすすめ。メレンゲやスフレを作るときに活用できて便利ですよ。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)