子どもの学用品が散らからなくなった! “しくみ”ד声かけ”の実践レポート

子どもの学用品が散らからなくなった! “しくみ”ד声かけ”の実践レポート

玄関近くの置き場は階段下に

小学生ママのお悩みのひとつが「子どもの片づけ問題」です。ママの押しつけではなく、どこにあれば片づけやすいかを子どもに聞く。このひと手間で、子どもが自発的に物を戻すようになったという小堀家。親・子の片づけマスターインストラクターの小堀愛生(めぐみ)さんに、どんなふうに声かけをしているか、取材しました。

 

■ 定位置をキープしづらい学用品

●最初の声かけ

ママ「ランドセルとか教科書はどこに置くと便利?」

長女「玄関入ってすぐの場所がいい」

長男「俺も!」

次男「僕はご飯を食べるテーブルの近くがいい」

【玄関近くの階段下にふたりの学用品を集結】

カラーボックスと自作の棚で、長女と長男の学用品コーナーを作った階段下は、帰宅して最初に通る場所。

重い荷物もすぐ置ける。

ハンカチなどもボックス内に。直感で分かるイラスト入りプレートやランドセルのミニチュアを目印に。

【次男の学用品はダイニングテーブル横】

次男の要望に応じ、ダイニングテーブルの近くにカラーボックス2つを設置。いちばん上の板は外し、ランドセルを置きやすく。

テーブルで勉強後は、側面につるした掃除用具でゴミをきれいに片づけるのがルール。

 

■ いつも探しがちな文房具

●最初の声かけ

ママ「勉強道具と筆記用具は近くにあるのがいいよね?」

長男「そうだね。それ賛成」

【文房具はすぐ使える工夫を】

勉強用の鉛筆や消しゴム、ペンは、勉強道具の近くにスタンバイ。公文の宿題プリントは100 均のクリアケースに入れ、ケース内にも筆記用具を収納。

子どもの「消しゴムがな〜い」に対応すべく、家庭内コンビニ=文房具全般のストックもケースにまとめている。

 

■ きちんと掛けるのが面倒な上着

●最初の声かけ

ママ「ママさ、上着を床に置かないでほしいんだ」

次男「いいよ。でも掛けやすくしてほしい」

【フードをフックに掛けるだけに】

上着を掛けるためのハンガーラックを用意したものの、ハンガーに掛けるのが面倒なようで、いつしかラックに直接掛けるように。そこで……

壁にフックをつけて、フードを掛けるだけの“しくみ”に。

メッセージプレートで“声かけ”も。

 

■ どんどん上に掛けちゃう習い事バッグや帽子

●最初の声かけ

ママ「これじゃ取りづらそう。1つのフックに1つのバッグだけ掛けない?」

長女「いいと思う。そうしよう」

【1フックに1バッグでさっと取れる】

以前は1つのフックに複数のバッグや帽子を掛け、下のものが取りづらかったそう。特にS字フックは、バッグと一緒に外れてストレスだったとか。そこでこんなふうにチェンジ!

S字フックはカードリングでポールに固定。公文専用バッグは無印良品のストールハンガーを利用して引っ掛けやすく。

子どもが使いやすいかどうか、子ども目線で工夫してあげるだけで「使いやすい」=「片づけられる」に。ちゃんと耳をかたむけてあげることが大切です。

撮影=三佐和隆士 編集協力=宇野津暢子(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)