冷やし中華よりも簡単!? おいしすぎる「冷製スパゲッティ」の作り方

冷やし中華よりも簡単!? おいしすぎる「冷製スパゲッティ」の作り方

甘みのあるフルーツトマトで

毎日のように冷たい麺類は食べていても、そのレパートリーの中に「冷製スパゲッティ」って入ってます? 入らないですよね。何となく面倒くさそうだし、おいしく作るのもむずかしそうだし……。そんなイメージを見事にくつがえしてくれるのが、こちらの「トマトの冷製スパゲッティ」。“面倒くさそう”“おいしく作れなさそう”の元凶であるソース作りが、このレシピさえあればいとも簡単に解決します。

ポイントは、「トマトにオリーブ油を少しずつ回しかけ、なじませるように混ぜること」。ほんのささいなことですが、この“少しずつ”を守るだけでレストランの味に近づけますので、ぜひ試してみてくださいね。

■ トマトの冷製スパゲッティ

【材料】(2人分)

フルーツトマト 4〜5個、バジル 適宜、にんにくのみじん切り 小1片分、スパゲッティ(細めのもの) 100g、あれば赤ワインビネガー(またはレモン汁) 小さじ1/2、塩、こしょう、オリーブ油

【作り方】

1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、トマトをさっとつけて取り出す。皮をむき、縦8つに切る。バジルは粗みじん切りにする。

2.1の鍋に多めの塩を加え、スパゲッティを入れてゆではじめる。

3.ボウルに1のトマトとバジル、にんにくを入れ、塩小さじ1/3とこしょう適宜をふる。トマトを返すように混ぜて全体に味をなじませ、あればビネガーを加えてさらに混ぜる。オリーブ油大さじ2〜3をボウルの縁から少しずつ回し入れてそのたびによく混ぜ、なじませる。

4.スパゲッティは袋の表示どおり、または30秒ほど長めにゆで、ざるにあけ、水にとってさます。ふきんを広げたところにあけ、水をしっかり絞って皿に盛る。3をたっぷりかけ、好みでバジルをあしらう。

(1人分 376kcal、塩分0.9g)(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)