幼少期からの癖を治すのは難しい… “爪を噛む癖”を矯正する方法

幼少期からの癖を治すのは難しい… “爪を噛む癖”を矯正する方法

大人になっても“幼少期からの癖”が抜けない人は多数

「三つ子の魂百まで」という言葉のとおり、幼少期に習慣化した癖はなかなか治りません。特に人前でやってしまうと“恥ずかしい”癖が染みついた人は、矯正するのに難儀しているようです。

■ 「爪を噛む癖」を止める対策法

みっともないと分かっていても、ついつい続けてしまう癖が誰にも1つくらいはあるもの。ネット上ではあるお母さんが、「幼いころから、爪を噛む癖が治りません」「子どもが真似するといけないと思っているのですが、治す方法はないでしょうか…?」と助けを求めていました。

すると、他のお母さんからは「少し深爪気味に爪を切るようにすると良いよ。私はそうやって癖を治しました!」「一度、自分の爪を顕微鏡でまじまじと眺める方法がおススメ。意外と汚れてて、噛む気がなくなるよ(笑)」「私も爪の白い部分を見ると噛みたくなる癖があったので、ミニサイズのヤスリを持ち歩いてちょくちょく削るようにしていました」などアドバイスの声が続出。

また爪を噛むという行為に拒否反応を覚える人も多く、「昔の恋人が何度言っても爪を噛む癖を止めないので、生理的に無理だと感じて別れました」「爪が噛まれてギザギザになってる人を見ると、つい距離を置いてしまう…」といった声も上がっていました。

一度ついた癖を治すのは大変ですが、現在は矯正に効果的な“あるアイテム”が注目を集めているもよう。

■ 「爪噛み」対策のマストアイテム

「爪噛み」の矯正グッズとして、スイスの「マヴァラ」が展開している「バイターストップ」という商品がネット上で話題となっています。使用法はとてもシンプルで、マニキュアのように爪先へ塗っていくだけ。

ネイルを保護する「トップコート」としての役割も果たしてくれますが、同商品はかなり独特な“苦味成分”を含んでいるのが最大のポイント。そのため、「バイターストップ」を塗った後でうっかり爪を噛んでしまうと、今まで味わった経験のないような苦味が口の中へ広がっていきます。

強烈な苦味はユーザーに大きなインパクトを残したようで、ネット上には「こんなに苦い味がするなら、もう一生爪なんて噛まない!」「思わず顔が歪むくらいの苦さにビックリ。これを塗ったらどんな人でも一発で爪噛みを止めると思う」、「子どもの指しゃぶり対策にもかなり効果がありそうだね」など反響の声が多数見られました。

他にも「イロドリ」で販売中の「かむピタ」や「アメージングクラフト」の「ビターネイル」など、“苦いマニキュア”は様々なラインナップが展開されています。

どうしても爪を噛む癖が止められない人は、一度試してみると良いかも?(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)