かたまりじゃなくてもOK! 薄切り肉で作る豚の角煮5選

かたまりじゃなくてもOK! 薄切り肉で作る豚の角煮5選

「重ね豚の角煮風」

豚の角煮は、肉を下ゆでしたり、やわらかくなるまでじっくり煮込んだりと手間のかかるメニュー。いざ作ろうと思ってもなかなか時間を取れず、あきらめてしまうこともありますよね。そんな時におすすめなのが、薄切り肉をまとめて作る簡単角煮。かたまり肉に負けない食べごたえとジューシーさを、ぜひ堪能してみましょう。

■ 重ね豚の角煮風

【材料・2人分】

豚バラ薄切り肉 300g、菜の花 1/2束、生わかめ 45g、煮汁(しょうがの薄切り 2枚、だし汁 1と1/2カップ、酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ1〜2、みりん 大さじ1、砂糖 大さじ1)、小麦粉、サラダ油、練りがらし

【作り方】

1. 菜の花はさっと水で洗ってラップで包み、電子レンジで約1分30秒加熱し、ざるに上げる。粗熱がとれたら水けを絞り、長さを半分に切る。わかめは熱湯でさっとゆでて水に取り、水けを絞ってざく切りにする。豚肉は1枚ずつ広げて3cm高さになるように重ね、3cm幅に切り、小麦粉を薄くはたく。

2. フライパンに油小さじ2を熱し、豚肉を並べ入れ、時々向きを変えて、全体にしっかり焼き色をつける。出てきた脂はペーパータオルで拭き取る。

3. 煮汁の材料を加え、時々豚肉の向きを変えながら約10分煮る。器に盛り、1の菜の花とわかめを盛り合わせ、からし少々を添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

(1人分654Kcal、塩分1.4g、調理時間25分)

重ねて厚みを出した豚バラ薄切り肉は、フライパンで焼き色がつくまで焼いてうまみを閉じ込めます。余分な脂をていねいに拭き取れば、後味もさっぱり。口の中でとろけるような食感がたまりません。

■ 豚バラの角煮風

豚バラ薄切り肉は、巻き終わりを下にして鍋に入れると崩れにくくなります。煮込む際は落としぶたを忘れずに。

■ 薄切り肉の巻き巻き角煮

煮汁にはしょうがの薄切りを加え、風味をアップさせてください。器に盛りつけたら、好みで白髪ねぎをのせると◎。

■ 豚こま角煮

お手頃価格の豚こま切れ肉が、しっとりしたかたまり肉に大変身。トレイやバットに入れたらギュッと押して、肉どうしをくっつけます。

■ 豚バラ巻きとゆで卵の角煮風

オイスターソースやごま油でコクをプラスします。肉とゆで卵は時間差をつけて煮るのがポイント。

濃厚な甘辛味が魅力的な豚の角煮には、あえものやサラダなどあっさりした副菜を組み合わせてみて。お互いの味を引き立て合い、おいしさの相乗効果が生まれますよ。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)