だし汁いらずでもうまみがすごい〜! 秋の味覚「きのこと塩昆布の炊き込みご飯」

だし汁いらずでもうまみがすごい〜! 秋の味覚「きのこと塩昆布の炊き込みご飯」

塩昆布と炊くから、だしいらず

きのこの香りがふわっと鼻をくすぐる「きのこと塩昆布の炊き込みご飯」。きのこだけでもうまみたっぷりですが、塩昆布を加えて炊くことでさらにうまみが増し増し。豊かな味わいの炊き込みご飯が、だしいらずで出来上がります。まいたけ、えのきたけ、しいたけ……など、きのこはお好みでどうぞ。残ったご飯は、翌日焼きおにぎりにしても美味。こんがりと焼けた焦げ目が食欲をそそります。

■ きのこと塩昆布の炊き込みご飯

【材料】(3〜4人分)

まいたけ 1/2パック、えのきたけ 1袋、生しいたけ 4枚、あればすだちの皮 適宜、塩昆布 1/4カップ、米 2カップ(360ml)、酒

【作り方】

1.まいたけは大きめの小房に分け、えのきたけは根元を落として長さを半分に切る。しいたけは石づきを除いて軸と切り分け、かさは薄切りにし、軸は細く裂く。

2.米は洗って炊飯器に入れ、酒大さじ1と1/2を加えて水を目盛りどおり入れ、塩昆布、1のきのこをのせて、混ぜずにそのまま炊く。

3.炊き上がったら全体をざっくり混ぜ、器に盛る。すだちの皮をすりおろして散らす。

(1人分272kcal、塩分0.5g)(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)