旨みコンビで失敗なし! 覚えておきたい「きのこ×ソーセージ」炒め5選

旨みコンビで失敗なし! 覚えておきたい「きのこ×ソーセージ」炒め5選

「きのことソーセージのガーリック炒め」

食物繊維が豊富でカロリーが低い、ヘルシー食材の「きのこ」。鍋や炒め物はもちろん、サラダにも活用できる用途の広い食材です。今回はそんな「きのこ」に、加工肉の中でもメジャーな「ウインナソーセージ」を組み合わせたレシピを5つご紹介。きのこと肉のうまみがしっかりときいた炒めもので、秋の味覚を存分に味わってみてはいかが?

■ きのことソーセージのガーリック炒め

【材料・2人分】

ウインナソーセージ 4本、エリンギ 3本(約100g)、まいたけ 1パック、カラーピーマン(赤、黄) 各1/4個 にんにくの薄切り 1片分 オリーブ油、塩、こしょう

【作り方】

1. ソーセージは斜め半分に切る。エリンギは1本を4〜5つに縦に手で裂く。まいたけは小房に分け、カラーピーマンは縦に5mm幅の細切りにする。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、にんにくを入れて炒め、香りが立ったら1を加えて炒める。きのこがしんなりしたら、塩、こしょう各少々で調味する。

(1人分135Kcal、塩分0.6g)

きのことソーセージをガーリック風味で仕上げた、香り豊かな炒めものです。手早く調理できるので、忙しくて時間がない日にもピッタリ。エリンギは、包丁で切らず手を使って4〜5つに縦に裂きましょう。

■ ソーセージキャベツ炒め

しょうゆとみりんベースの味つけで、ご飯との相性は抜群。たれとマスタードを加えたら、手早くさっと炒めるのがポイントです。

■ きのこ入りジャーマンポテト風

ジャーマンポテト風で食べ応えバッチリの、お弁当に適したおかず。じゃがいもは火が通りにくいので、一番最初に加熱してください。

■ きのことソーセージのにんにく炒め

シンプルながら、きのこのコクがよく出ています。玉ねぎとじゃがいもは、先に弱火で蒸し焼きに。

■ 豆腐とソーセージのキムチ炒め

豆腐と野菜がたっぷり入った、ボリューム満点のキムチ炒めです。豆腐はペーパータオルを使って水きりをすれば、炒めてもくずれにくくなりますよ。

袋に入ったソーセージは、それぞれの太さが均一だと品質のよい証拠。使い残したものはラップなどで密閉し、必ず冷蔵保存してくださいね。(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)