家にあるうどんでつけ麺気分♪ 個性豊かなつけ汁で食べる「つけうどん」5選

家にあるうどんでつけ麺気分♪ 個性豊かなつけ汁で食べる「つけうどん」5選

「豚汁つけうどん」

地域の特色を活かしたご当地メニューや家庭で作れるお手軽レシピなど、アレンジしやすいのが「うどん」。今回は、お馴染みの「かけ」や「冷やし」とは一味違った「つけうどん」のレシピをご紹介。個性豊かなつけ汁と、コシのある麺のコンビネーションをぜひ楽しんでみてくださいね。

■ 豚汁つけうどん

【材料・3〜4人分】

ゆでうどん 3〜4玉、豚バラかたまり肉 約150g、大根 3cm、にんじん 1/3本、長ねぎ 1本、里いも 4個、糸こんにゃく 1/3袋、しょうがの薄切り 1かけ分、だし汁 4カップ、サラダ油、しょうゆ、みそ

【作り方】

1. 豚肉は5mm厚さに、大根とにんじんは5mm厚さのいちょう切りに、ねぎは半分を1cm幅に、残りは薄い小口切りにする。里いもは四つ割りにする。糸こんにゃくは食べやすく切って熱湯でさっとゆで、水にとって水けをきる。

2. 鍋に油大さじ1としょうがを入れて火にかけ、香りが立ったら豚肉を炒め、色が変わったら、小口切りのねぎを除く残りの1を炒める。

3. だし汁を入れて煮立て、アクを除いて約15分、弱火で煮る。しょうゆ小さじ1、みそ大さじ3を溶き入れて火を止める。

4.うどんは袋の表示時間どおりにゆで、流水でしっかり洗って水けをきり、器に盛る。碗に3を盛り、小口切りのねぎをのせ、好みで七味とうがらしをふって。

(1人分477Kcal、塩分2.4g)

冷たいざるうどんと温かい豚汁を組み合わせた、コクのある1品。つけ汁に溶け出た具材のうまみが、バランスよく麺にからみます。お好みで七味とうがらしをふれば、ピリッとしたアクセントに。

■ 豚バラときのこのつけうどん

まいたけと豚バラ肉がたっぷり入った、具だくさんのつけ汁です。まいたけはそれぞれ食べやすいサイズにほぐしましょう。

■ 中華コーンスープつけうどん

クリームコーンの甘みが際立って、マイルドな口当たりに。つけ汁の溶き卵は、少しずつ回し入れるのがコツです。

■ のりつけうどん

とろとろに溶けたのりの濃厚な味がクセになります。のりを煮る火の強さは、弱めの中火でOK。

■ 治部煮(じぶに)風とり汁つけうどん

たくさんの具材で食べごたえがある、治部煮(じぶに)風のうどんです。とりのささ身に片栗粉をまぶせば、煮汁のからみがよくなりますよ。

うどんは、生と冷凍どちらのタイプでも調理可能です。メーカーによってコシや太さが違うので、お好みのうどんを見つけてチャレンジしてみてはいかが?(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)