グラッときても安全な「キッチン」にするには?

グラッときても安全な「キッチン」にするには?

キッチンの大きな家電といえば、冷蔵庫。倒れないように万全の備えを

グラッときたとき、今いる部屋は安全ですか? 例えば、ママが多くの時間を過ごすキッチン。安全性を高めるために、どんな点を注意すればいいか、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーターの宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

●冷蔵庫は倒れない? シミュレーションしておく

冷蔵庫は食料庫。停電してしまっても、中の食品を上手に選べば、何食も食べつなぐことができます。「その食料庫が使えないと、とてもダメージが大きくなります。キッチンに入れなくなるのも大打撃なので、冷蔵庫が開閉できなくならないかだけでなく、倒れたときに出入り口を塞がないかもチェックして、対策しておきましょう」。

●電子レンジの下にはジェルマット

電子レンジの脚の下には、転倒防止用のジェルマットを敷いて。小さくてもずれたり動いてしまうことがなく、しっかりホールドできています。

家電の転倒防止だけでなく、キッチンが使える状態でキープできるかまで考えて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)