災害への備え。家族で「防災体験」してみよう

災害への備え。家族で「防災体験」してみよう

「防災キャンプ」や「防災ピクニック」が災害への備えの一つとして推奨されている

「防災キャンプ」や日帰りの「防災ピクニック」が、災害への備えの一つとして推奨されています。防災用のアイテムを使って調理したり、電気のつかない真っ暗な中、寝袋で寝てみたり。「この道具を使ったことがある」「似た状況を体験した」ということが、非常時には大きな安心材料となります。

そう教えてくれたのは、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさん。宮丸家では、ストックしている非常食の賞味期限チェックを兼ね、毎年防災キャンプをしているそう。「キャンプというほど大げさなものではなく、バンガローのような屋外の小屋に泊まり、非常食を食べます。野草のガイドブックを手に、食べられる野草を摘んで食べたことも」。

防災訓練をアウトドアの楽しみの一つとして体験することで、子どもたちも防災キャンプに前向きで明るい印象を持っているそう。「不自由を楽しむ強さが生まれます」。

秋の気候のいいうちに家族で体験、いざというときの備えをしてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)