覚えておこう。震災時「○○が使えない」場合の対処法

覚えておこう。震災時「○○が使えない」場合の対処法

凍っているものはある程度保存可能。ふだん から冷凍室には食品を多めにストック しておいて

災害時は不測の事態が起こりますが、予測できるトラブルもあります。こんな場合どうすればいいか、基本的な対処法をNPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

【冷蔵庫が使えない】

凍っているものはある程度保存可能なので、まずは冷蔵室の中の消費期限の近いものから食べ始めましょう。冷凍室は、ある程度ものが詰まっているほうが冷却効果が長くなるので、ふだんから冷凍室には食品を多めにストックしておいても。冷蔵室・冷凍室ともに開閉回数が増えないように注意して。

【ガスが使えない】

電気が先に復旧した場合は、電気式ケトルが活躍します。また、カセットコンロのガスを、少し多めにストックしておくだけでもガスが使えないときにとても助かります。近所の人と食材を持ち寄って、一緒に調理することで効率化を図っても。

ぜひ覚えておきましょう!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)