人気おかず・メンチカツとハンバーグのいいとこ取り「薄焼きメンチバーグ」

人気おかず・メンチカツとハンバーグのいいとこ取り「薄焼きメンチバーグ」

メンチカツとハンバーグのいいとこ取りした「薄焼きメンチバーグ」

家族みんなが大好きなメンチカツとハンバーグ。今夜の夕食に、その2大人気メニューのいいところを合体させたおかずはいかが? 薄く成形することで揚げなくてOK、でもカツの魅力のカリカリころもの食感はしっかり楽しめます。お弁当にもおすすめ!

【薄焼きメンチバーグ】(1人分400Kcal、塩分1.6g、調理時間20分)

<材料・2人分>ハンバーグだね(合いびき肉200g、玉ねぎ1/2個、しいたけ1枚、にんにく1片、パン粉大さじ3、トマトケチャップ大さじ1、塩小さじ1/3、こしょう・ナツメグ各少々)、クレソン適量、トマトのくし形切り2切れ、バター、パン粉(細びき)、オリーブ油

<作り方>

(1)ハンバーグだねを作る。玉ねぎ、しいたけ、にんにくはみじん切りにし、フライパンにバター小さじ1を溶かして、しんなりするまで炒めて取り出し、粗熱をとる。ボウルに入れ、残りの材料も加え、粘りが出るまでよく練り混ぜる。4等分して薄い楕円形にまとめる。

(2)1にパン粉(細びき)を薄くまぶしつけ、フライパンにオリーブ油大さじ1を熱したところへ並べ入れ、こんがり焼き色がつくまで約2分焼く。上下を返してさらに約2分、こんがりと焼く。

(3)器に盛り、クレソンとトマトを添え、好みでマスタードを添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)