ITの発達に比例してVDT症候群が増加傾向 進行すると不眠やうつなどの原因にも

記事まとめ

  • ITの発達に比例して、近年増加傾向にあるといわれているVDT症候群
  • 症状の多くはまずは目に現われ、疲れ目、目の痛み、視力の低下、目の乾きなどが代表的
  • 進行すると自律神経にも影響を及ぼし、不眠やうつなどの原因になることもあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております