お金の専門家2人が提言「今こそ家計の見直しを!」

お金の専門家2人が提言「今こそ家計の見直しを!」

「2020年以降に大不況が日本を襲う」と予測する荻原博子さん

いよいよ2016年も残すところ2カ月。なかなか給料が増えない時代だけど、暮らしにお金はかかります。この先、家計をどう守っていけばいいのか、経済ジャーナリストの荻原博子さんと「レタスクラブ」でおなじみの激★やす子さん、お金の専門家2人に聞いてみました。

【東京五輪後に大不況? 正しく家計防衛を!】

消費税アップは早々に延期され、世界経済の影響で円高が進むなど、日本全体の景気は思わしくない様子。政府は大型の経済対策を打ってきていますが、正直、私たちの給料が上がる気配はさっぱり。さらに荻原博子さんはもっと怖い予言を。「2020年以降がすごく怖いですよ。東京五輪終了、アベノミクス終了、日銀の金融緩和政策終了のトリプルパンチが日本を襲うんじゃないかと。ものすごい不況になると私は予測しています」。そのためにも、貯蓄をしっかりするほかない!というのが2人の共通の考え。「ただ、間違った貯め方や節約をしている人は多いと思うんです」と激★やす子さん。自分の常識が間違っていないか、チェックしてみてください。

4年後に襲ってくるかもしれない大不況の前に、今から家計を見直して、正しい防衛を!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)