ハロウィンメニューを手軽に作るなら、卵はいかが?

ハロウィンメニューを手軽に作るなら、卵はいかが?

たまごの黄身が、カボチャに変身してしまったハロウィンパッケージ

おうちハロウィンに欠かせないのは、ユニークなモチーフのパーティメニュー。かぼちゃを使ったメニューは定番中の定番として次はどうしようと悩んだら、「卵」を使ってみるのはどうでしょう?

スーパー等の卵売り場でおなじみの「森のたまご」は、10月末のまでの期間限定で、ハロウィンイラストの専用パッケージで販売中(なくなり次第終了)。2種あるハロウィン特別パッケージは一定の確率で売り場に置かれるそう。「レアなハロウィン特別パッケージのデザインの詳細は秘密」とのことなので、卵売り場に言ったら宝さがし気分になれるかも!?

もちろんパッケージがハロウィン仕様というだけでなく、ウェブの特設サイトでは、ハロウィン気分あふれるたまご料理レシピを公開中。蜘蛛の巣柄の卵やカラフルな卵の作り方など、子どもが喜びそうなユニークな卵レシピをぜひパーティメニューの参考にしてみて。

森のたまごは、鮮やかなオレンジ色の黄身が特長だから、オレンジがテーマカラーであるハロウィンを演出するのにピッタリの食材。栄養価も高い卵を、イベントの日も家族で楽しくおいしく食べよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)