ファミマの沖縄限定「BLACK泡盛コーヒー」に手を出してみた あまりのパンチ力にクラクラ

ファミマの沖縄限定「BLACK泡盛コーヒー」に手を出してみた あまりのパンチ力にクラクラ

沖縄限定 BLACK泡盛コーヒー

沖縄のファミリーマートにしか売っていない「BLACK 泡盛コーヒー」(税込258円)ってご存知ですか?
一見コーヒーにしか見えませんが、しっかりとカップには「お酒」の文字。そして、ストローは付属しておらず、蓋を開けてフィルムを剥がし、そのまま口をつけて飲むタイプになっています。

カップも琉球の紅型風の松竹梅に流水文が描かれ、非常にスタイリッシュ。


さて、気になるのは味とアルコール度数ですよね。
泡盛独特の風味と、酸味が少なくて深いコクとほろ苦さが味わい深いマンデリンコーヒーの爽やかな香りがよくマッチしています。ノンシュガーのため、食事やおやつと合わせても美味しく飲むことができます。

アルコール度数は12度。ビールが4度前後、ワインが11度前後、日本酒が15度前後、リキュールが25度前後、ウィスキーが40度前後なので、そう考えると高くないように感じますが、飲んだ感じは絶対に12度には思えないほどアルコールのパンチがガツン! とやってきます。
正直、14度のワインを飲んだときよりも高く感じるレベルです。30度くらいのスピリッツよりは少し低いかな? くらいのパンチ力にクラクラ。

しかし、それゆえに飲み始めると何だか浮かれ始めてしまうのです。それこそ、沖縄に旅行して観光途中にファミマで購入して飲みながらあちこち回ったら、最高に楽しくなってしまう飲み物だと思います。なぜながら、外は雨模様、室内は湿度の高さでジメジメして気持ちまでズーンとしてしまいそうな気候にも関わらず、半分も飲んだら「たーのしー!」となってしまったのですから……! うっかり仕事中であることを忘れてしまうほどでした。

さすが太陽の国沖縄。今度はぜひ、これを片手に沖縄県内を観光したいものです……!!

(大路実歩子 / 画像・編集部撮影)

関連記事(外部サイト)